FC2ブログ

青春フラジャイル 感想

そろそろ夏が終わりそうですね



ゲームデータ
タイトル:青春フラジャイル
発売元:パープルソフトウェア
発売日:2020/8/28
ヒロイン:4(+2)
END:4
CG:103
MUSIC:34
SCENE:20
属性:学園モノ・ローファンタジー
インストール容量:3.49GB
備考:なし



ストーリー
悠賀原に住む青年、士紀優人は魔法使いの系譜・メイサース家を先祖に持ち、彼もまた微弱ながら魔法を使うことが出来る。
しかし彼は堕落した生活を送っており、彼の世話は士紀家に仕えつづける使用人の家系・卯月家の一人娘である透音に一任されており、家事は全て透音が担っていた。

そんな彼の周りには透音を含めて3人の少女がいた。
1年前にひょっこり現れ、それ以降彼をストーカーし続ける少女、鳥羽せつな。
彼の幼馴染で、旅館・さくらのみやの娘、桜宮氷緒。

ある夜、優人は自宅の敷地内にある、先祖が建てた教会にいた。
すると突然、教会の屋根の窓ガラスを破って金髪の少女が飛び込んできた。
「リズ・メイサース、ダウン!」
そう言って空から落っこちてきた少女の名前は、リズ・メイサース。
優人と祖を同じくする、魔法使いだった。

リズが街にやってきてから、優人の周りはにわかに騒がしくなり始めた。
悠賀原に伝わる「わるいまほうつかい」の伝承。

悠賀原の街が、優人たちの周りが魔法に彩られる────。



(↖リズ↙透音↗氷緒↘せつな)








感想
ヒロインが全員エロい。
克先生がパープルソフトウェアにいる限りは同社作品は買い続けられる程度に大好きなキャラデザなわけですが。
なかなか全員とも魅力のあるヒロインが出てくるゲームは多くないので、本作も楽しく遊びました。

本作は冒頭紹介した「わるいまほうつかい」という悠賀原に伝わる伝承が、優人たちの生活のバックグラウンドに存在するストーリーになっていて、どのヒロインの√においてもわるいまほうつかいの暗躍が優人たちを苦しめる展開になります。
各ルートを比べてみると、魔法寄りのストーリーか、日常生活の延長線上のストーリーに大別できますね。
あ、先に申し上げておくと、ヒロインの攻略順序はどう考えても鳥羽せつなが最後です。
まだプレイしていない方は参考までに。

私の攻略順序は、リズ→透音→氷緒→せつなでした。結果的に間違っていなかったかなと思います。


私の中の一番の推しは、幼馴染の桜宮氷緒。
旅館・さくらのみやの娘で、優人の幼馴染。そして黒髪ロング。
昨今、世間から淘汰されて等しいいわゆる「ボコデレ」に近いタイプの子です。二回死ね
色気もへったくれもないプロレス技を優人に掛けてくる氷緒ですが、その実自分の実家である旅館・さくらのみやで主人公をバイトさせて一緒にいる時間を確保しようとするなど、いじらしいところが垣間見えてかわいいです。
個別ストーリーはどちらかというと、”魔法を持たない人”だとこの展開はありそうだな、という感じでしたね。旅館愛めちゃくちゃ強い。
氷緒ちゃんについて唯一残念だったのは、エロシーンの構図が同じものが1種類あったのがもったいなかったなぁと。
もっとイジりがいありそうだったので、別シチュもあってよかったんですよ?(フェチはドストライクだったので高評価ですが)


二番手は透音。
優人の世話係を務める年下メイドさん系美少女。
奉仕精神に溢れ、優人をまったく働かせないことに定評のある使用人です。
そんな透音ちゃんは氷緒のように、全く魔法とは関連付けのないヒロインだったはずなのですが、、、ある意味一番影響を受けているヒロインだったという感じです。
途中でアイドルになろうとしたり、音痴設定があったりと若干ストーリーとしてはとっち(ryな気がしましたが、これはこれでエッセンス、なのでしょうか。
途中で再登場する病弱設定が追加されて、属性モリモリ(本作は大体みんなモリモリだけど)に。
透音ちゃんの背中がクセになりそうです。(←プレイしてみてからのお楽しみ)
よくわかってる構図。


リズは純粋たる魔法使い。
魔法が全面に押し出されるストーリーで、展開としてはおおむね想像通り。エンディングはそっち路線にいっちゃうんだな、という感じはありましたが。優人が一番成長してくるルートかも。
登場当初は「私が魔法の師匠」として優人を鍛えようとしながらも、わりと天真爛漫なところがある性格もあって、全体的にホンワカストーリー。温泉好きになる重要なファクターが含まれているので(ほかのルートではそんなに温泉好きじゃなさそう・・・)、優人との出会いが温泉好きへと駆り立てるあたり、重要ポイントですね。
リズに関してはまるで思春期の恋愛のような(言葉と言葉でぶつけ合う青春感)が見ていて恥ずかしくなる(笑)。
空中戦のシーンは真っ向から見えないですね。
衝撃的だったのはアフターストーリーの某シチュエーション、無駄にクオリティ高すぎてあるあrしちゃう感じでしたね。


さて、トリかつほぼ本筋のなかではTRUE√といってもいいせつな√。
そもそもキャラ設定が主人公のストーカーってなんだよ、とかいろいろ突っ込みどころ満載の状態から始まりますが、ルート内で明かされるまで他のヒロイン√では一切語られない恐ろしさ。
(なんでせつなにストーカーされてるのか永遠にわからないまま物語が進んじゃうのか。。。)

さて、そんなこんなで一見表面的には常に優人と掛け合い漫才しているせつなですが、ストーカーする過程が重い。
「優人がかつて起こした過去の失敗」が大きすぎて、普段あんなにほんわりストーカーしているのにその原因がコレとは・・・となるくらい刹那的。

個別√に入ると殊勝な、控えめ風なせつなが見られるのがギャップ良し。かわいい。
一緒にお風呂で照れたりするのもかわいい。

しかしまさに「青春フラジャイル」のタイトルを冠すべき√なので、最後に取っておきたい。



なお、おまけで氷緒の姉・響希とクラスメイトの不思議少女・ゆらちゃんともイチャイチャできるが、個人的に響希姉は氷緒ルートで一緒に面倒見てあげて欲しかったくらいお気に入り。
あんなやっつけのおねショタつけるくらいならもっとガッツリやってほしかったなあ。。。ひーねぇかわいい。



総評
ストーリーのレベルで言えば、前作・リアライブやアオイトリなどと比べて若干弱い感じはするが、エロさは明らかにリアライブを超えた(個人の感想)

ひーねぇアペンドが売られたら絶対買う。
あ~旅館行ってみたくなったなぁ~~~。


紹介(Amazon, DMM)


関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

ReC∧TION ~MeltyHealing~ 攻略完了

8月が来ました。
梅雨明けもして、いよいよ夏本番です!

世間は自粛ムード只中ですが、エロゲーマーには直接的に支障はありませんね。
(ゲームが着々と発売されてってくれれば・・・)

ゲームデータ
タイトル:ReC∧TION ~MeltyHealing~
発売元:hibiki works
発売日:2020/7/22
ヒロイン:3
END:4
CG:81
MUSIC:24
SCENE:25
属性:
インストール容量:2.82GB
備考:修正パッチ1.02


ストーリー
主人公(名前設定可能)はIT企業で働く社会人2年目。
この春から配属が決まり、新しい街にやってきた。

新たな職場で、さっそくプロジェクトのリーダーを任される主人公。
クライアント先で、街中で、住んでいる借家で、3人の女性と出会う。

職場の同僚・上司ともうまくやれそうで、いろいろな人との出会いで元々抱えていた不安が解消された彼は、
新しい日々に期待を寄せる。

(左から晴、理歩、日菜子)




感想
hibikiworksで継続しているCationシリーズ、の最新作、なんですが。

結論から言うと、全体的に薄味感が否めない。
シナリオが短い、あんまりエロくない・・・(ヒロインはかわいいけど)。
シリーズに名を連ねたのは正直勿体なかったのでは、と言わざるを得ない作品です。

ストーリーについて。
冒頭で紹介した通り、新しい街にやってきた主人公が3人のヒロインと出会って仲良くなって・・・という流れです。
悪いストーリーじゃないと思うんですが、いかんせん短い。
日常感が強すぎて、何気ない日々を過ごしているだけのストーリーになってしまっているのが、正直おもしろくない。

また、どのヒロインのルートでも、働きすぎた主人公を窘める(叱る?)シーンが存在する。
とくに理歩には本気で怒られちゃうのが作中のなかで印象強い。
他のヒロインとトーンが違って少しびっくりするシーン。
そんなに怒らんでも・・・みたいな。
当然、主人公を心配しているために出るシーンなんですが、全体の流れのなかでは違和感があった。

あと、晴ルートで、晴とイチャイチャしてたはずなのに急に相手が理歩に変わっててびっくりした。(CGのエラーか?)
そんな器があるなら3人とも抱えてください。

冒頭でも書いたけど、シチュエーション的には結構エロいところがあったはずなのに、全体的にエロ成分を感じられなかった。
なぜだろうか。これR-18じゃないだろ。

キャラクターについて。
ヒロインはすごくかわいい。
私の一押しは晴ちゃんです。
苦学生さながらのバイト詰め込み女子大生。
あんまりスレてないところがまたずるい。
これはプレーヤーの男たちが理想とする女子大生に違いない←

理歩もかわいい。
某キャスっぽいのを配信してたりするが、√に入るとサバサバ系悪友みたいなポジションに。
長期休暇引きこもりイチャイチャとかしてたはずなのにエロかった記憶が無い。

日菜子さん。
主人公が暮らす集合住宅:つばき荘の管理人。元証券会社OL。
DIY要素、すごくエロかったです。
ある意味この人しかヒーリングしてない気がする。


システム面について。
記憶にある限りでは、Cationシリーズって主人公を強化するいわゆるSLG要素があったはず。
本作ではそれも消えていて残念。
システムの大幅改変が結果的にボリューム感足りなくなってる原因かも。
ラブリーコール機能は、セリフとの合成がだいぶ違和感無くなってきている感じはするんですけどね。

総評
18禁じゃないよね。
エロくなかったし、シナリオも可もなく不可もなし。
(フルプライスである意義はよくわかりません。ヒロインの数?)

紹介

関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

Secret Agent ~騎士学園の忍びなるもの~ 攻略完了


ゲームデータ
タイトル:Secret Agent ~騎士学園の忍びなるもの~
発売元:ensemble
発売日:2020/5/29
ヒロイン:4
END:4+1
CG:81
MUSIC:27
SCENE:18
属性:学園モノ・お嬢様モノ
インストール容量:3.57GB
備考:なし


ストーリー
世の中には忍び、と呼ばれる者たちがいる。
古来より国家の陰に潜み、国防を担う彼ら。

御影迅もまた、忍びの末裔に名を連ねる者。
秘密諜報部員の母の命を受け、最先端技術を誇る学園都市、閃来学園都市にある冬華学園へと潜入する。

潜入目的は、"蝙蝠"の調査。
蝙蝠、というのは誰が名付けたか不明な通称で、最近世間を騒がせている謎の人物である。
社会的地位のある人物の隠された罪を大衆の目につくところで様々な手段を用いて暴露し、世間に裁かせることで、
インターネット上の一部からは正義の味方と呼ばれている。

その行為は、陰より悪を挫く迅たちが普段行っているものと殆ど相違はない。
ただ、"蝙蝠"によって秩序なく行われる同様の行為を取り締まるべく迅が潜入することになったのだ。

その蝙蝠が唯一残していった手掛かりが、冬華学園の「騎士」と呼ばれる者たちが持つバッジであった。

果たして迅は、蝙蝠の正体をつかむことが出来るのだろうか────。


(左から雨ノ森ゆい、白鐘神楽、カノン・メイフィールド、蓮城寺舞)













感想


これ、お嬢様モノですよね?
ストーリーについて。
舞台設定はよかった。
最近の時事ネタを踏襲したかのような、ネット上で有力者を社会的制裁に追い込む大衆。
そして大衆を裁判官に引き立てる蝙蝠の手口。
最近のトレンドに乗っていて、面白かった。

しかし。
共通ルートでエネルギーが切れたかensemble。
義賊的行為を行う蝙蝠を調査する主人公迅。
共通ルートの終盤で、蝙蝠と思しき人物を見事発見、確保することに成功する。
しかし残念ながらそれは本物の蝙蝠ではなかったため、捜査は振り出しに戻る、、、というところで個別への分岐に入るのだが。
ここから落胆させられる。
何故なら、本編中では結果蝙蝠の正体は暴かれないから。

そもそも主題が解決しないのである。
しかも、その正体はまさかの全ヒロイン攻略後の後日談のようなミニストーリーで登場して終わる。
びっくりである。
もっとびっくりなのが蝙蝠の事件を起こした動機だ。
たまにネット上で盛り上がる某探偵マンガに登場する、動機がちょっと狂っている系の犯人、あれに近い。

これならよほど、正義心に駆られた義士のような人物が蝙蝠であったほうが面白かったのではないだろうか。
というか犯人はわりと分かりやすい。
共通ルートプレイしているくらいで、既に何となく気付いてしまうので、もし意外な犯人、というようなものを期待していると大コケするので要注意。

さて個別。
カノン、神楽、舞、ゆいの何れのヒロインルートでも、蝙蝠が起こした(というより誘導した)ような事件が起きる。

4人の中で一番良かったのはゆいのルート。
ゆいとゆいの姉・りせによって生み出された人工知能・ハート。生まれたばかりで何もわからないハートに、情感を与えるべく迅も含めた3人で成長させていくストーリー。
ゆいとりせの確執は然程大した話ではないと思ったが、ゆいルートで起こる事件と、その結末にはある程度合理性があった。
AIに与える情報が偏っていると、これによって教育されたAIも偏った思想を持つというのはごく最近のAIでも言われているし、納得もできる。
原因と結果が明快で、結末もあり得ないEDではなかったのでルートとしての完成度は比較的高いと思う。
舞台設定によく合っているし。

個人的に好きなのは蓮城寺舞。
特権が多く、その弊害が生まれている騎士団制度を改革しようとした舞が、それをよく思わない他の騎士団員によって団長の立場を追われるというものだ。
成程、共通ルートでも騎士団員が一般学生に対して強い態度に出ていたり、いろいろと優遇されているような描写はされていたので理解できる。

劇中で語られたが、騎士団制度を維持するのに冬華学園の学費がトンデモになっているらしい(500万円/年)。
天下に名高い米・ハーバード大が大体年間700万円程度なので、あながちない数字ではない(ちなみに左記は基本的な学費であり実際はかなり遇された奨学金制度がある)。

で、舞の改革に反対した者の言い分としては「騎士団員制度はそのままでは在籍が困難な学生の救済措置である」というものだ。
騎士団特権の中には学費の免除やらも含まれているらしく、家庭の事情で苦しくなったものを救済する目的としてもあるらしい。
ええ…である。
初めから騎士団がそういう人を目的に加入させているのであればいざ知らず、とても劇中でそんな描写はなく。(団長の舞が財閥の娘なのだからさもありなん)
しかも出張ってくるのが学生でないというのがもはや意味不明。
学生の自治権を拡大して任せているといいつつ、学校側の介入方法が雑・セコすぎてなんとも言えない。

でも舞はかわいい。
一度は団を追われ、復活手段を見つけたものの介入によってその道を絶たれ、より困難な道を目指すために迅と特訓しながら頑張る姿は最高だった。
お姉さんポジでありながらも、どっちかというと支えあう感じが如実に出ていたルートだったので個人的には好き。
(ストーリーの中身には突っ込みどころ満載でしたが)
将来性もあって、一番未来が描けそうなルートだった。


神楽はヴァイスという二つ名を持ち、とにかく勝ち続けることを家より求められている状態。
一番普通の女の子。
他のヒロインのような致命的な事態は起こらないが、迅としっかり喧嘩したのは神楽だけ。
耳年増なところは別ルートでも描写されているので、もう少し回想シーンはエロエロしていてよかったのですが。
(ほかのヒロインと比べると、多少力は入っているような気もしますが)
ある意味チョロイン。
遊園地シーンの初々しさは見ていて恥ずかしくなるし、甘えまくり。
公式サイトの一枚絵が一番かわいいかもしれない。

カノン。
かわいそうな子。
忍者要素必要だったか甚だ疑問。
ヒロインルートは、ある種王道のお嬢様展開だったので寧ろ序盤お嬢様要素消してた分が効いてる感じ。
カノンルートは迅にイライラするので何とも微妙。
冬華学園の中で一般学生と騎士団員の対立が激化するなかで、対立を収束させるべく一般学生の集まり(=革命軍と自称)の代表にカノンを立たせ、野放図な状態にならないようにする作戦。
作戦としては合理的で、騎士団の舞も革命軍のカノンも納得して始まったが、迅が煮え切らない。
最初にカノンの背中を押して革命軍の頭に立たせておいて、疲労をためるカノンを見ながら心配だと嘯く。
予想ができていないのなら稚拙だし、予想できていたなら大きく構えておけと言いたいくらい。

そして上記のお嬢様展開によって迅が未熟さを思い知らされる。
序盤のニンジャニンジャでアホの娘っぽさが出ていたが、革命軍の頭をやったり、厳しい父親と争うなど芯の強さがあっていいヒロイン。


本作を絶望的に追い込んでるのは間違いなく主人公の迅。
凄い任務でやってきたと思えば、カノンに正体がほぼバレし、他のルートでもやらかしかける迅が一番不安要素だった。
ヒロインが窮地に追い込まれる原因が大体迅
泣きそう。


そのほかにも序盤登場したアナト(AI)が中盤以降殆ど登場しなかったりとか、蝙蝠がどうやって事件を起こしたのかがあまり判然としないとか、お母さんがヒロインじゃないとか、モモカルートがないとか、いろいろ言いたいことはありますが、ちょっと残念。
アルフレッド君はとてもいいキャラだっただけに、残念感が強い。

総評
モモカに癒され、ヒロインがかわいいと思ったら迅にイライラしながらプレイするといいと思います。
最後までやり遂げられたのは舞さんのおかげ。
ストーリー推しの方のプレイはあまりお勧めできません。
ensembleさんにはもっと格好いい主人公を生み出してほしい。

紹介
げっちゅ屋のほうが個人的に特典よかった
関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

月の彼方で逢いましょう SweetSummerRainbow 攻略完了

今日は月の彼方で逢いましょう SweetSummerRainbow。
toneworksからです。




ゲームデータ
タイトル:月の彼方で逢いましょう SweetSummerRainbow
発売元:tone works
発売日:2020/05/29
ヒロイン:1
END:1
CG:43
MUSIC:41
SCENE:10
属性:ファンディスク・単独ヒロイン
インストール容量:4.06GB
備考:なし


ストーリー
〇SSRスクール編

佐倉雨音と付き合い始めた黒野奏汰。
すっかり黒野家に溶け込んだ雨音と、将来の進路について考え始める二人。
進路に悩む奏汰、正確には趣味と職業との狭間で小説家という進路を決められない状態であった。
悪友の円は映画監督への夢を抱き、もう一人の悪友たる賢斗はやりたいことが決まっていない。
ずっと絶縁状態であった父親・グレイの隠された心情の一端を垣間見た雨音も、将来やりたいことが見定まっていない状況だった。

そんな将来について考えあぐねた奏汰たちの前に、サマースクールの機会が訪れた。
アメリカ・サンフランシスコで1ヶ月の間過ごしながら、用意された様々なアクティビティに取り組むイベントだ。
雨音の生まれ故郷・サンフランシスコ。
あのポール・グレイが生んだシトロン社もある場所で、奏汰たちは降ってわいた機会に臨むこととなる。
彼らの忘れられない1ヶ月が始まった。


〇SSRアフター編
私生活ではついに結婚、そして娘を授かった奏汰たち。
舞台はそれから数年後。
再び失われたD-WAVE、雨音たち家族の思い出、そして雨音の父、ポール・グレイの残した秘密。
それらを織り交ぜて書き上げた黒野奏汰の小説『月虹』。
仕事ではエンデュミオンや雨音、そして自分の経験を交えて執筆したベストセラー小説、『月虹』を書き上げた小説家として、ではなく相変わらず編集者として活躍する奏汰。
そんな奏汰は事あるごとに、『月虹』の続編を期待されていた。

家庭に仕事、毎日が大変な二人と娘のつきこ、それと子守AIのベーグル先生。
4人家族の慌ただしくも充実した日常の中で、雨音は─────。



感想
ありがとうtoneworks。最高だった。
本編中でキーとなった月虹の写真。
幼い雨音と雨音の母・アイナを父のポール・グレイが撮影した写真。
本編でもこの写真で相当泣かされましたが、本作ではもう1段階化ける結果になろうとは想定していなかった。

そして奏汰が書き上げた月虹の続編。
タイトルを聞いた瞬間、『月の彼方で逢いましょう』が雨音のための作品であったことをまざまざと感じた。
本編:月の彼方で逢いましょうでは、個々のヒロインがそれぞれ輝いていたと思っていたが、ここまで中心軸が雨音に寄っていることを鑑みると、雨音以外はサブヒロインであったのではないか、と錯覚させられてしまうほどの出来だった。

この感覚はリトルバスターズをプレイした際に、「世界の秘密」を知ったときや車輪の国のお姉ちゃん登場シーン、DC2で桜の魔法が解ける時に近しい衝撃があった。数年ぶりだ。

劇中で見られる、ポールグレイから雨音の祖母への独白ともとれるメッセージは泣かされるし、スクール編からアフター編で雨音の髪型が変わった経緯もバッチリ(しかも結構重要な要素として)綴られており、抜け目ない。

そしてベーグル大佐が好き。ホント好き。
早くGoo〇leやA〇azonでいいからベーグル大佐を実装してください、お願いします。

そしてメリケン文化シリーズは前回のTVディナーに次いで、今回はルートビア。
謎のメリケン知識が補充されていく雨音スタイルにありがたさを感じますね。
あ、ミートローフも調べましたよ。

つきこちゃんのムスーは間違いなく雨音の受け売り。
綺麗な月ヶ洞先生も見られる最高の作品です。

総評
私の中では今年度最高位に挙げてもいい作品だと思います。
「でんじゃらすきゅーとはっかーレインちゃん」はやっぱり必聴。
ダイジェスト版で本編が収録されていますが、どうせなら本編も別買でプレイしたほうが絶対良いと思います。

紹介

ファンディスク


本編
関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

5月エロゲ購入!

5月最終日でした。金曜日。そう、

エロゲの日だ



というわけで、買ってきました。
今月、来月と(生活費的に)厳しめなので、結構厳選しました。
先の理由で予約はしていなかったんですので、店頭で30分くらい悩みましたが。

買ったのは次の3本。

NavelのSHUFFLE!2

なんだか古き良きNavelという感じがしますね。(←何を知っているのか)


同梱版の前作ディスクレーベル(右側)は今回オリジナル?当時もこれだったか?

前作「SHUFFLE!」をプレイしてからはや10年。。。10年!?
稚拙だったあの頃のブログは見るに堪えないこんな感じでしたが、10年経てば新しい感想も覚えるかもしれません。


tone worksの月の彼方で会いましょうSweetSummerRainbow

雨音ちゃんかわいいなぁ^^ 夏な感じ。


レーベルがシンプルに洒落てるのセンスありすぎて引く。

これはもう記憶に新しい。1年前の本編から続くFDですね。
欲を言えば全ヒロインのアフターが見られると思っていたのですが、それは望み薄か?
雨音ちゃんのシナリオはもう絞りつくしたと思っていたのですがまだネタがあるのか・・・。


ensembleのSecretAgent-騎士学園の忍びなるもの

剣が光る中世感に溶け込まない謎のホロ。


このパターンも比較的ありますね、2色タイプ。

往々にして私はensembleの作品をプレイし続けているので(シャイニーシスターズを除く)、もはや義務のように買っている感じですね。リセールが利かないのがensembleの特徴なんですが、これはもう仕方がない。


今回はイキツケのソフマップ@秋葉原で購入しましたが、なんと3作品とも特典は既に終了。
大体発売日に行けば、営業終了間近でも特典が残っているのがいつものパターンだっただけに、正直びっくりです。
どこからエロゲーマーが湧いてきたのか。

おかげで全部特典なし初回限定版になりましたね。
私はどちらかというとゲーム重視派なのでグッズの有無はあまり気にしないタイプですが、予約しておいたほうが良かったかもしれませんね。

初回盤購入者全員が入手できる?のかタペストリーだけは入手しました。

最近のタペストリーはゲーム箱の中に入っているのか・・・。
恐らくイラストはパッケージと同じでしょうか。

ゆっくり攻略します。
関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

運営記録
プロフィール

アニゲムスター

Author:アニゲムスター







社会人N年目のヲタク。

好きなアニメ
泣ける物なら泣けなくても面白いのは大体好き。最近観たのは恋する小惑星。

好きなゲーム
コンシューマは空の軌跡
PCゲームならBaldrSky,
ef - a fairy tale of the two.

リンクはご自由に。
相互希望の場合はtwitterよりお願いします。

広告
来てくださった方々
新作情報(発売月順)
Twitter
カテゴリ
AXL (5)
RSS,何それおいしいの?
相互リンクなど
各ブランドリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる