fc2ブログ

深淵のラビリントス 感想

ゲームデータ
タイトル:深淵のラビリントス
発売元:アストロノーツ・シリウス
発売日:2022/7/29
ヒロイン:6
END:10(クリアボーナスから計算)
CG:92
MUSIC:17
SCENE:72
属性:異種族・RPG風・BADあり
インストール容量:2.48GB
備考:修正パッチ(パッケージ版のみ)


ストーリー
その男は、牢に繋がれていた。
いつから繋がれていたかはわからない。
何故繋がれているのかもわからない。
そんな状態だったが、ある時目の前に老人が現れる。

老人に言われるがままに自身を顧みると、いつのまにか、彼を繋いでいた鎖は解け、牢から出られる状態になっていた。
老人は、彼に「ヴェルト」という名を与え、一瞬のうちに姿を消した。

ヴェルトは、与えられた名を手に、牢を脱出する。
この牢は地中に埋まった塔の最下層。
塔の入り口に向けて、何も記憶にない男・ヴェルトは歩みだした。



私のお気に入り、←エルミット, シャリオ→









感想
RPGやSLG要素が大好きなアストロノーツ・シリウスの最新作。
今回はターン制バトルを採用したRPGライクなテイストになっている(なお、レベルアップ要素はない)
敵を倒しながらスキルを取得・強化して進めていくタイプだ。

わたしはM&M先生の原画が好みなので、概ね欠かさずプレイしているのだけれど……。

ストーリーについて。
最近はやりの(最近というほどではない)タイムリープ要素がバックに敷いてあるストーリー構成。
魔族姉妹が主人公と何やら絡みがありそうな雰囲気を醸しつつ、主人公が偶にフラッシュバックする回想を見ても明らかにかつての知己であることはわかりやすい。
面白かったのは、明らかにメイン格の二人ではなく、一般的人族のエルミットがストーリーの主軸に関係していたところ。
幾周したがなかなかTRUE ENDに進めず、苦難していたけれど、まさか彼女のストーリーを進めることがフラグになっているとは思わなかった。魔族姉妹の「存在しない」ストーリーの拾い忘れを回収するために無駄に時間を使ってしまった。

また、多くの作品でもありがちだが個別ENDとTRUEではある程度制約を緩めていることが多い。
例えば、主人公は「魂」レベルで縛られているにもかかわらず、個別ENDではあっさり脱出してHAPPYになっていたり。
その手が使えるなら初めから使えばいいのに、とは思ったがこういうツッコミをするのは野暮かもしれない。

貢献度的にはベートさんが間違いなくメインヒロイン。


キャラクターについて。
M&M先生のキャラクターだけあって、どのヒロインもかわいい。
金髪正統派お嬢様系美少女のエルミットは私の中では本作内殿堂入りだが、実は次点でお気に入りは女騎士シャリオ。
とんでもファザコンではあるが、意外と押しに弱いところがチャーミングである。
しかし父娘プレイはちょっと萎える(笑)。それを受け入れられるほど標準的に親子イベントこなしてないんだよなぁ。
ビジュアル的には好みなのに、どうしてこんなに残念美少女なのか。

私はケモナー系もロリ系も支障ないが大好物というわけでもないのでそれほど。
今作、制作の都合なのかわからないけどプレイ内の差分が少なかった気がしたのが残念。
過去色んな作品でも言ってきたが、「咥えてない」CGで「咥えてる」シナリオを消化するなと。
そこの差分は少なくともほしいよね、と思いましたがわかってくれる同志いたらいいな。


システム面について。
ゲームは非常に単調。
スキルの選別は結構大事で、取ってるスキル次第で進め方は変わる。
また、エンディングを見ると初期パラメータが上がった状態でプレイできたりする。(強くてニューゲーム)
私は防御力無視の「貫通」とダメージ軽減の「受け流し」、「回り込み」が基本。
おまけで毒効果付与の「毒剣」とか、1攻撃無効スキルか。
攻撃力x%低減等のスキルもあるが、軽減数値が明確な上記2スキルの方が使い勝手がよかった。AP(行動に必要なポイント)も回復するし、消費APも1と少なくて済む。

周回すると初期値が上がるものの、面倒だったので表ステージは1周のうちにセーブ・ロードを繰り返して終わらせた。
終始難易度はNORMALで進めたが、あえてEASYにする必要はないと思った。そんなに難しくない。
裏ステージはちょっと敵が強いので周回した。どちらにしろフラグの関係で周回は必要になった。

戦闘スピードをCtrlで倍速にできたりすればもうちょっと効率よく遊べた気がするので、グダった点はマイナスポイント。
あと裏ステージへのフラグが面倒。これもマイナス。

総評
M&M先生のキャラクターが好きなら遊んでも良い。
ゲーム性には期待できない。この路線続けるのかなぁ。
中世系前作、魔王城Re:ビルド!の方がエロかったしちゃんと遊べた気がするので、どちらも遊んでいなければ魔王城Re:ビルド!のほうがオススメ。



紹介


旧作(魔王城Re:ビルド!)

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

ゆびさきコネクション ミニファンディスク Vol01 感想

一応言い訳をさせていただきますとですね、エロゲをプレイしていないわけではないです。


ゲームデータ
タイトル:ゆびさきコネクション ミニファンディスク Vol01
発売元:HOOKSOFT
発売日:2022/2/25
ヒロイン:2
END:2
CG:14
MUSIC:27
SCENE:6
属性:ファンディスク
インストール容量:2.54GB
備考:なし


ストーリー

<悠月編>
難局を乗り越え、見事恋人同士として結ばれた主人公・悠真とサメ狂悠月。
デートや同棲生活など、甘い日々を過ごしていた二人だった。

そんなある日、悠真は上司に「女装行けるか」と問われる。
残念だが女装はいけなかった悠真だが、上司の話を聞くと急遽代役のブライダルモデルを求めているという。
公私混同を気にした悠真ではあったが、悠月に話してみることにしたのだったが────。


<美琴編>
美琴との新婚生活が始まった。
苗字を秋月から水無瀬へと変え、二人は結婚式に向けた準備を進めていた。
そんなある日、美琴はあることに気付く。
「私たち、いまだに同棲してない!」
最初に出会った時と変わらず、マンションのお隣さんである。
これはまずい、と二人は試行錯誤することに。
結婚式に向けて、慌ただしい日々を過ごす二人だった。








感想
本編の感想はこちら→ゆびさきコネクション 感想

今更だけど、本作あたりからHOOKの作品にSMEE味が増してて違いがよくわからなくなってきてる。
妙なオーバーリアクション気味なところとか。
統合的なギャグセンスはASaprojectに持ってかれてる感じはあるし、HOOKの立ち位置が迷走しているね。

ストーリーについて。
いずれのストーリーも、アフター(というか空白の期間の穴埋め)なので際立ったポイントは無し。
本編中で美琴は結婚式を挙げているし、悠月は娘にサメ教育中だし。

どっちかというと、美琴√の方が結婚式っていうゴールが明確な分ストーリー展開は読みやすかった印象。
というか美琴さんはのんべえだけど仕事デキる系だし、結構キッチリしているところもあるのでメリハリがしっかりしている印象。
ちなみに結婚式自体は描かれない。本編で出たし。
本編中の、「結婚=幸せ」の等式に疑念を抱いていたあの頃の美琴さんはもういないのだ。

悠月√は、唐突なブライダルモデルの代役からスタート。
通い妻というか同棲状態なのだが、ベタ甘状態である。
甘え方が上達しているきらいがあるが、サメ狂徒は相変わらずである。
個人的にはピロートークのCGがお気に入り。
面白いのが、悠月と交際している場合と美琴と交際している場合で主人公の見かけの年齢が変わることである。
美琴との場合は社会人恋愛っぽい感じだが、悠月との場合は大学生の恋愛っぽい。
付き合う相手で変わるよなぁと妙な所でしみじみしたポイント。

ダイエットネタのトークが両方あって、ネタ切れなのか普遍的なネタだからあえて採用したのかはよくわからない。


総評
本編で好きになったヒロインがいるなら遊んで損はないかと。


紹介






テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

友だちから恋びとへ 感想

気が付いたらGWを迎えていて震える。

ゲームデータ
タイトル:友だちから恋びとへ
発売元:あざらしそふと
発売日:2022/
ヒロイン:2
END:2
CG:
MUSIC:
SCENE:
属性:ロープライス・社会人
インストール容量:
備考:なし



ストーリー
ゲーム制作会社、”のざらしそふと”でディレクターとして働く主人公の道永良樹。
次に発売する作品の取材をすべく、婚活パーティーに参加することにした。
当然ながら、交際相手を探しに来た他の参加者との温度差もあり壁の花と化した良樹だったが、もう一人同じように壁の花になっている人がいることに気付く。

雪川みぞれと名乗ったその女性は、地元紙の記事作りのために婚活パーティーに参加したとのことだった。
婚活パーティーに対する温度感が合ったこともあり、二人は意気投合し、パーティー後に飲みなおしをするほどになる。
良樹が、”のざらしそふと”のディレクターであることを知ると、何とみぞれは”のざらしそふと”のファンだという。
また、副業でシナリオライターもやっていた。
そうした要素も相俟って、仲良くなった二人は友人関係を築くのだった。

後日、みぞれのルームシェア相手である天草ひさぎを交え、3人は友人関係となるのだが。
交流を続けるうちに関係性が変化していくのであった。













感想
最近業界ネタ作品ばっかりやってる気がして若干食傷気味なので、もしかするとバイアスが。


ストーリーについて。
婚活パーティーで結果的に相手を見つけてるんだから経緯はどうあれ目的は達成されてるよなぁ。
展開は自然、というか明らかに本命はみぞれだと思われるストーリー展開だったので、ひさぎ√にどうやって入るのかは気になりましたが、意外とすんなり入った印象。

みぞれ√では急にみぞれがサブシナリオ担当になったり、猪突猛進でプロット見直ししたりする無茶に振り回される羽目になるディレクターの主人公。実際の業界ではどうなんだろう、と思いつつも、イラストレーターだってプロダクトごとに招集されたりする感じだから、きっとサブライターも外注でやってきたりすることが結構あるんだろうなぁと思わされる展開。



ひさぎ√では、みぞれと主人公をくっつけようと画策したひさぎが、みぞれに「その気はない」と断られたことで、遠慮のない友人関係に昇華されるところから始まる。
唐突なひさぎの風邪からの看病ムーブで一気に距離を詰める。
翌日の電話妨害の振る舞いからみると、前々からかなり好感度が高めになっていたような感じもあるけれどそれ以前の共通パートでやってたのって「バッセン行った」のと「ゲーセン行った」くらいしかないよなぁ・・・・・・。
今どき学生でももうちょっと色々あるのでは、と思ったりしますが、これはフィクションだし尺の関係もあるだろうけど、良くも悪くも何でここまで好感度が上がってるのかが分からないので若干違和感があった。


ここまでやってくると、むしろプロデューサーの存在が気になってくるわけだが、主人公・良樹の上司というかメンターというかそのような存在。けっしてヒロインにはならないけどがっつりボイスが入っていて存在感が強い。
如何せん立ち絵が無いので何とも言えないが、実に便利キャラだなと思いましたね。
主人公の語りから見いだせる過去の振る舞いがヒロインムーブすぎな件。アペンドは未だですかね。

キャラクターについて。

みぞれはやや箱入り娘気質がある感じ。
外向きはしっかりしている感じだけど、懐に入れた瞬間によわよわになる感じが素敵。
そのギャップ感がたまらない。黒髪ロングだし←
立ち絵のスマート感と、エロCGの体格違いに違和感を感じたところを除けば満足です。

ひさぎは外向き甘え上手なところがありつつも、結構芯が強いところがある。
病み上がりの振る舞いを見てもこれは肉食系です。
見た目ぽわぽわ系なのでこれまたギャップ攻め。

ヒロインが相補的関係なところが、二人がかみ合っている要因なのかなと思わされました。

総評
普通です。
コンセプトは面白いですが、ロープライスだなという感想は越えられない感。
同じあざらしそふとでロープライスを選ぶなら本作は選ばないかな、といったところ。


紹介(+次回作)


FANZA


Getchu

次回作↓
★『アマエミ』

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

Monkeys! 感想

ゲームデータ
タイトル:Monkeys!
発売元:HARUKAZE
発売日:2021/11
ヒロイン:4
END:4
CG:189
MUSIC:49
SCENE:12
属性:学園モノ・女装・お嬢様
インストール容量:3.31GB
備考:修正パッチ


ストーリー
不良のたまり場である男子校・雑木林東学園と、お嬢様たちの通う硝子ノ宮女学園は、共に少子化の影響を受け入学者数の減少が進んでいた。
特に雑木林東学園においては問題が表面化しており、土地の接収・駐車場化が予定されていた。
雑木林東学園の学生たちは、迫りくる現実を諦めと共に受け入れつつあった。
しかし、雑木林東学園の番長(最も強い男)である浮木々猿吉はこの現実を覆すため、単身で硝子ノ宮女学園の三傑の一人、月島カラスの元へと向かう。


月島カラスは飽いていた。
日常に飽き、生きることに飽き、その飢えが彼女の生命の鼓動を止めようとしていた。
いや、止まった。
その時カラスの眠る病室にやってきた猿吉。
俄かに現世から離脱しようとしたカラスだったが、猿吉のしつこい引き留めに折れる形で生還する。

カラスを生還させることが叶った猿吉だったが、雑木林東学園を救うための方法である”共学化”を実現するためには硝子ノ宮女学園内部の意見を”共学化に賛成”へと舵を切らせなければならない。
危機が目の前に見えている雑木林東学園と違い、硝子ノ宮女学園はまだ学生数減少の危機は顕在化していない。
そこで、カラスの指導の元、硝子ノ宮女学園内部からの切り崩しを図るために猿吉は硝子ノ宮女学園へと潜入する。
勿論、女学園であるために女装必須である。
猿吉はジュリアと名乗ることにした。

硝子ノ宮女学園を共学化に賛成させるためには、硝子ノ宮女学園を束ねる三傑による会議で議題に上げ、可決せねばならない。
その為に猿吉ジュリアとカラスは、残る三傑の2人である硝子ノ宮硝子霧灯ユキを翻意させるべく暗躍を始めるのだった。


(左から、ユキ、カラス、ジュリア、硝子、メバチ)


感想
いや、傑作。
期待を裏切らないHARUKAZE。

女装女子校潜入物、といえば古来より用いられてきた王道テーマ。
廃校阻止、といえば以下同文。
にも関わらず、何故こんなにも密度の高いストーリーが練り上げられるのか。

-一言感想-
・地の文のパワーが強い。
・ギミックが仕込まれた紙芝居
・話が学生間で解決しないので世界が矮小になりすぎていない。
・男装もする。
・お母さああああああああんん!

一言感想をもう少し深掘りする。

・地の文が強い
前作(R-18)ノラと野良猫ハートにおいては、軽妙なナレーション(ボイス付き)がゲーム進行の上で飽きさせないポイントのひとつであった。今作はどのような・・・という期待が高まったが、その成果は圧倒的なボイス量に結実したと考えられる。
主人公の猿吉も含めて各キャラクターがフルボイスで実装されたところも寄与していると思うが、猿吉が独り語りする部分も含めてふんだんに喋っているからこそ、地の文を読み続ける機会が著しく減少していると思う。
また、その喋り方も独特で、「おいおいおいおい~~~~」のような、気持ちが必要な感嘆詞なども、棒ではなくむしろあえてアンバランスな?発話がされることによって臨場感を掻き立てている。
この要素は猿吉だけにとどまらず、主に硝子もそのお嬢様然としたリアクションとその時々に現れる素直なリアクションが全体の波を作り出している。

・お母さああああああああんん!
・話が学生間で解決しないので世界が矮小になりすぎていない。

本ストーリーは先述したとおり、廃校・女装・共学化モノである。
類似作品においては、生徒会組織のようなものが中心となって議論しながら進めていくことがオーソドックスだと思われるが、本作品においてはまず猿吉=ジュリアのお嬢様化矯正教育に力点が置かれる。
つまり、学校統合に向けたモデルケースとして「猿吉自身を使って」硝子ノ宮女学園を説明していくのである。
一方で、雑木林東学園を説明するために「月島カラスを使って」、その環境の異常さを示していくのである。
(ある意味どちらの学園も異常なのだが)
これによって、第三者的にこの統合を俯瞰する視点ではなく半ば1人称によって、あたかも体験させているかのように感じさせるのだ。地の文で滔々と説明されるよりも遥かに空気感が伝わる、気がする。
本作においては、カラスを除くどのヒロインも家族関係にある課題を抱えている。
いや、カラスも含めてなんだけれども。
というか主人公の猿吉もなんだけれども。
解決の仕方はそれぞれだし、ユキママなんて解決後にはグイグイ会話に割り込んでくるし。
美味しいキャラすぎる。

総じて単純な廃校学園モノ、とは形容出来ないところが本作の最大の魅力なのではと思う。
カラスと猿吉の対比といい、構成もうまいし。

キャラクターについて。

私は硝子ちゃんが好きです。おーほっほっほっほ。
ユキちゃんも好きです。
カラスちゃんも好きですよ?
というか皆好きなんですけど。

うきちゃん、色々複雑な境遇だけど劇頑張ったりなんだかんだフォローしたりするところ、
本作は人間賛歌的要素もあるのかもしれないですね。

総評
もっとエッチなのがいっぱいあってもいいのよ?
時間を投じて遊ぶだけの価値があるゲームだと思う。すき。
HARUKAZEはリリースペースは決して高くはないけれども、ストーリーは本当に一級品。
シリアス系の世界観を展開するタイプではないけど、日常をただの日常にしない能力がある。


紹介
〇amazon


〇getchu


〇fanza
Monkeys!

8,800円


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

ウチはもう、延期できない。 感想

師走わすわす。

ゲームデータ
タイトル:ウチはもう、延期できない。
発売元:Sonora
発売日:2021/11/26
ヒロイン:5
END:6(BAD:1)
CG:89
MUSIC:26
SCENE:19
属性:制作業界・学園・姉弟
インストール容量:2.89GB
備考:なし



ストーリー
椎葉雅史(しいばまさし)は幼馴染の宮村未来(みやむらみく)との帰り道、突如姉の椎葉さやかに拉致される。
拉致された先は、街中のとある雑居ビル。

わけもわからず連れてこられた2人だったが、そこでさやかから、この場所がさやかが代表を務めるエロゲー制作会社”ハーデスソフト”であることと、新作の制作協力──もといアルバイトを頼まれる。
ハーデスソフトにはさやかが独立する前からの付き合いである原画家の鈴本千紗、グラフィッカーの榊原愛、そして声優兼事務バイトの宮村花梨──未来の姉がいた。
今回白羽の矢が立った理由としては、未来が私小説執筆を趣味としており、その文才を当てにシナリオライティングのサブとして手伝ってほしいためだった。
雅史は何でも屋としての起用である。
紆余曲折あったものの、何とか二人が加わった新生ハーデスソフトはもう延期できないマスターアップ〆切に向け舵を切ったのである。







感想
Sonora連作です。
エロゲー制作を主軸にした作品。
業界ネタをテーマにした作品は過去にもありましたね↓。
えろげーとか。→サイトアドレス
似たような奴で、同系列からも出てますな↓。
→人気声優のつくりかた

ストーリーについて。
流石に自分のところの業界の話ということもあってか、随所に業界あるある(マスターアップの話とか)が散りばめられていてゲーマーとしてはなるほどと思うところが多々あった。勿論フィクションなので、一部脚色があったりするのだろうが。
共通パートの部分が冗長になってダレる、というのは割とエロゲあるあるだと思うけど、深堀できるネタとか、あまり擦られてないネタだと進めていてもストレスにならないのが良かった。(学園モノとかだと凡そネタは出尽くしてしまってきている感じはあるが)

一方、個別パートにおいては結構温度差があった。
幼馴染かつ同級生の未来のパートについては、結構シリアスというか、カップルが結構追い詰められる展開があり、まぁまだ学生だからと思わせるようなストーリー展開になっていた。後から考えると大したことない悩みだったりするけれど当事者的には極めて大きな悩みに感じられる、というアレ。
しかし、それ以外の千紗や愛に関しては雅史が急に頼れるスーパーヒーローのような立ち位置に変わり、おっぱい事件や生活破綻事件等も解決する立ち回りを見せる。
未来の姉、声優の花梨に関してはその中間というところではあるものの、どちらかというと敵に啖呵を切ったりフォローしたりとやや後者に近い振る舞いを見せた。が、オチとしての生放送回は極めて面白いシーンだったのですきです。

もうちょっと頑張れよオトナ組。

オマケ、というかサブヒロイン的立ち位置の実姉・さやかは非常に拗らせた感じが強く、ある意味雅史への思いの強さでは一番だろうと思わせるようなところが散見された。同人制作の話とか。
さやかは共通パートで代表として他社と渡り合うポイントがあるだけに、個別パートとのギャップが強く出て魅力が高まった気がする。

総じてストーリーを進めるのにストレスは感じられなかったものの、4作目ともなると過去作の登場人物を使いまわす方法が辛くなってきそうだなと思った。

1点気になったのは随所に同ブランドの作品紹介が入りすぎてて、CGや背景に映っているだけならまだしもその説明をキャラクターにさせるのはくどさ、煩わしさを感じた。

キャラクターについて。
キャラクターとして一番魅力的なのは姉・社長の椎葉さやか。
ストーリー感想でも書いたが、共通パートの格好良さと個別パートの可愛さが並び立っていてシナリオに最も愛されていたキャラなのでは。

一番好きなのは声優・幼馴染の宮村花梨。
一番主人公と共闘している感じがあってよかった。
共通パートではあまり存在感が出なかったが、個別パートに入って吹っ切れた感じが出ていてよかった。

キャラデザが一番好きなのは原画家の鈴本千紗。
私生活破綻していて、カップル成立前後の慣れない感じもあったが、あんまり格好いいところが見られなかったのが。
カラオケは黒歴史確定。

キャラ立ちがしっかりしてると思ったのはグラフィッカーの榊原愛。
共通パートからのヲタ引きこもり拗らせてる感じと、相反する主人公をからかう感じのマッチがよかった。

めんどくさかわいかったのは幼馴染の宮村未来。
共通パートから好意を露出していたものの、1パート以外は報われないヒロイン。
報われた個別パートでは激情家というか嫉妬心バツグンで起伏の激しいヒロイン。(胴体の起伏はそれほどでもない)
周りを大人ヒロインに囲まれ過ぎるとこうなってしまうのか‥・・・・。

と、言葉にすると上記のような感じになるが、具体的に説明するのが難しい。


システム面について。
めずらしくお気に入りボイス機能を使った。
登録したのは下記のボイス。プレイした人ならシーンが思い出せるはずだ…。


*不具合報告
自分の環境だけかもしれないが、ディスプレイがスリープしたときの復帰後、DirectSoundのセカンダリバッファに関するエラーが出て強制終了された。
ゲームをする場合はこまめにセーブをするか、ディスプレイのスリープモードを切る等の対応をした方がいいかもしれない。

総評
業界話を知りたい人はプレイして損はないかと思う。
後は毎度のことながらキャラデザかな。

紹介
(Amazon)


(FANZA)


(getchu)

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

運営記録
プロフィール

アニゲムスター

Author:アニゲムスター







社会人のヲタクです。

好きなアニメ
泣ける物なら泣けなくても面白いのは大体好き。最近観たのは恋する小惑星。

好きなゲーム
コンシューマは空の軌跡
PCゲームならBaldrSky,
ef - a fairy tale of the two.ほか。

リンクはご自由に掲載いただいて構いません。
(事後でも連絡を貰えると見に行きます)
相互希望の場合はtwitterよりお願いします。

当ブログでは維持管理のために下記各社のアフィリエイト広告を掲載しています。
・Amazon
・DMM
・getchu.com

広告
来てくださった方々
新作情報(発売月順)
Twitter
カテゴリ
AXL (5)
RSS,何それおいしいの?
相互リンクなど
各ブランドリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる