FC2ブログ

コイ×ミツ ~八重練紗祈と赤い糸の王子様~ 感想

GWですね。
天気もあまりよくなくて、ひきこもりには最適のお休みになりそうです。
お仕事の諸氏はおつかれさまです。

最近、自分の行きつけだったソフマップアキバが移転しましたね。
大体いつもエロゲはここで購入していたので、駅から店舗が遠くなって些か通いづらくなっています。(人目にはつきにくくなりましたが)

お店も小さくなってしまったので、月末エロゲの日は混雑で大変そうです。

閑話休題。

ゲームデータ
タイトル:コイ×ミツ ~八重練紗祈と赤い糸の王子様~
発売元:とるてそふと
発売日:2021/4/30
ヒロイン:1
END:1
CG:17
MUSIC:-(記載なし)
SCENE:6
属性:ロープライス・学園モノ・ソロヒロイン・シリーズ連作
インストール容量:1.55GB
備考:アペンド有(シリーズ他作品購入特典)



ストーリー
顔つきがヤクザのように見える、ということで何かと誤解されがちな主人公。
その実、お菓子作りが好きで少女マンガが好きな、将来パティシエになりたい系の青年である。

ある日、主人公はクラスメイト・八重練紗祈が隠し持っていた「ひみつ」ノートを発見してしまう。
そこに書かれていたのは、紗祈がこれまで妄想を広げてきた少女マンガさながらの場面設定。
恋愛マスターとして校内で人気の、金髪のギャルっぽい見た目をした彼女はなんと恋愛未経験の妄想少女だったのだ。
※恋愛マスターとしての意見は大体少女マンガを参考にしたアドバイスである

期せずして、同好の士であることが明らかになった二人は、マンガをこっそり共有したり「スイーツら部」なる部活を立ち上げたりしながら徐々に仲良くなっていく。
主人公の従妹:や何故か主人公に絡んでくる校内でも屈指の人気を誇る先輩を巻き込みながら、二人の関係性は変わっていく────。




八重練紗祈







感想
ロープライスソフトでもあるのでサクっと。
3部作となっているようで、3人のヒロイン(クラスメイト・従妹・先輩)のうち今作ではクラスメイトの紗祈を攻略する形です。
次作以降で従妹や先輩を攻略するみたいですね。
(他作品を購入すると今作のヒロイン:紗祈のアペンドシナリオを入手できるようになるので、結局は・・・)

ストーリーについて。
ストーリーはいたってシンプル。
通常関係を持たなさそうなヒロイン(見た目がギャルで陽キャ・恋愛マスターの称号を持つ)とその顔つきの怖さ(悪さ?)が原因であまりいい心証を持たれていない主人公が、ひょんな共通点を持ったことから関係性がスタートする話です。

今作、小綺麗にまとまっていてよかったです。過去のフラグを壊しはしましたが、現状が最高の前提で新たな関係性を築くとともに、紗祈の母親がフランス語教師で、パティシエの勉強を本場でしたい主人公との絡みがわかりやすく描写されているあたり、スムーズなストーリーだったような気がします。逆に、これ以上のスムーズな関係性は先輩√では望めないのでは・・・?

懸念点としては、主人公の初恋の相手=従妹、先輩との関係性のきっかけについても今作で既に描写されていて、2作目以降での共通ルートをどうするのかという点。
全く違う導入にするのか、あるいはまったく同じ導入にするのかわかりませんが、少し心配です。
共通ルートにおける各ヒロインとのデート、が分岐点なのかそれ以前が分岐点なのかによって話が変わってくるかもしれませんが。


あと、イマイチわかりづらかったのが主人公の人相。
劇中でもヤクザっぽいとか、普通の表情が怒り顔に見えるとか、そういった描写がありましたが何ともつかみづらい。
キャラデザを断定できる1枚絵があっても良いのではないかと思いました。(私はとらドラの高須竜司を勝手にイメージしてプレイしていました)

ゴリラはだめだね。

キャラクターについて。
八重練紗祈はかわいい。
主人公の印象として、ギャルっぽい見た目で、校内でも恋愛マスターとして評判のクラスメイト、というところでしたが
実際は外国とのハーフ(ダブル)で、地毛が金髪の少女マンガによる耳年増キャラ。
ギャルではない、というのを如実に表しているのが本人の口癖でもある「ぷちころがす」だと思います。
(恥ずかし)怒っている割に微妙に丁寧な喋り方をするあたり、慣れていないのがわかります。
キャラ設定としての金髪ツインテール耳年増は王道を通り越して古典なところはありますが、わかりやすくて嫌いじゃないです。
また、ヒロインの立ち絵ではツインテール以外の姿も描写されており、ロープライスながら必要なポイントは抑えていて良いなと思いました。

キャストコメントでも声優さんが仰っていましたが、折角髪型を変えた立ち絵があるのならその辺を導入したCGとかがあってもいいのかな、と思いました。アペンド、よろしくです。

システム面について。
シンプルなので大きく議論になるポイントは無し。
動作も重くはなかった。

1つ気になったのが、画面の上下にテキストを配置する場面。
意図がよくわからなかったので、いらないのでは、と個人的には思いました。
対面会話にしては配置している箇所が少ないし、何なんだろう。

総評
低価格なので、そんなに気になって気になってしょうがないってところはありませんでした。
プレイ時間もおおむね3-4時間程度で終わります。
やはり金髪ツインテールはよき。

紹介
amazon

げっちゅ屋

FANZA

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

日向千尋は仕事が続かない 感想

スミレさん生きとったんかいワレェ・・・


ゲームデータ
タイトル:日向千尋は仕事が続かない
発売元:スミレ
発売日:2021/3/26
ヒロイン:1
END:1
CG:20
MUSIC:13
SCENE:6
属性:ロープライス・同級生・社会人
インストール容量:2.42GB
備考:なし


ストーリー
主人公:拓人(名前変更可能)は社会人3年目。
その日は、初めて参加したプロジェクトで成果を挙げたことに対して、職場のメンバーと祝賀会を行っていた。
その祝賀会の会場となった居酒屋で、高校時代の同級生──日向千尋と再会する。
浮いた話一つなく、交際経験も無いと宣う主人公に、職場の同僚たちは囃し立てる。
こんな美人な同級生がいるのに、と。

日向千尋は、居酒屋で働いていた。
今週限りで退職する職場である。
この居酒屋は高校卒業してから12箇所目の職場だった。
バイトが続かない。
”逃げ癖”と自ら名付けるそれに、千尋は悩まされていた。

祝賀会の帰り。
拓人は終電を逃してしまうが、そこに仕事終わりの千尋が通りかかる。
3年振りの再会に話が盛り上がる二人だったが、拓人が祝賀会でネタにされていた交際経験についての話題に移ると、千尋が真剣そうに言う。
「一度も経験したことないと、あんな風に言われちゃうの?」
「今からする?」

勢いに乗っかって一夜を過ごしてしまった二人。
恋人でも何でもないが、ずるずるとした関係が二人を結ぶことになる。

この関係の行く先は────。







感想
スミレさん生きとったんかいワレェ・・・(2回目)

ストーリーについて。

社会人同士の恋愛、ということでいわゆる学生の甘酸っぱい恋物語が描かれているわけではありませんでしたね。
どちらかというと、大学生のサークル内で何か勢いでヤってしまった感じ、みたいな導入です。
完全に社会人、という振る舞いでもない感じだったので、想定される年齢を考えても上記のような関係性が一番イメージしやすいストーリーでした。
もう少し年齢を重ねた社会人だと、また違った関係性でスタートするかなという感覚です。

半ばセックスフレンドのような形でスタートする関係ですが、もうズブズブです。
今までずっと溜め込んできた諸々を吐き出しきるかのごとく、ベタベタです。
交際、という関係については千尋の方が一歩引き気味なところはありますが、料理している主人公の背中にひっつくなど行為はもう恋人のようなそれ。
早くくっつけよ、みたいな感じでした。

それでまあ関係が深度化していきつつ、主題となっている「千尋が何故仕事を続けられないのか」についても明かされるわけですが。
やっぱり根は優秀でないとこのテーマは成立しないきらいはありますね。そりゃそうか。
過去の経験から遠慮しいだったり、主人公の過去の一言だったりが影響していると。

ああ、なるほど。
本作は、過去にきちんと清算しておくべきだったものを清算せずに離れてしまったがゆえに拗らせてしまったカップルのイチャイチャ物語だったわけですね。
納得しました。

恋愛が始まるパターンとして、同窓会で再会して~みたいなテーマの作品も数ありますが、本作はそれではないですね。
過去の馴れ初め(これが正しい表記かはわからない)が前提にあります。

あと、全体的になんかSMEEとスミレ足して2で割ったようなノリです。

キャラクターについて。
ストーリーのところでも書きましたが、「社会人」という枠で捉えるよりも(想定年齢:21歳)みたいな感じでイメージすると、主人公とヒロインとのやりとりやストーリーの流れにスムーズに入っていけるのかなと思います。

ただまぁ単に学生やっているよりも「同棲」だったり単身生活にポイントを置いているあたりは社会人エッセンスが撒かれているのかなと思います。学生が主人公だったらそんな話になりにくいですし。

それにしても千尋ちゃん重い。
結構な真面目キャラというか損しがちなキャラであるというところもそうですが、ここまで拗らせ続けてきたのは間違いなく彼女も一因に違いないと進めれば進めるほど思いました。
主人公と交際してなかったらこの先やばかったのでは・・・という危機感を抱かせるなかなかなレアヒロインでした。

総評
ロープライスということもあって、ボリュームは少なめですが、その中でもさらに少なめな印象。
(比較対象:上倉雛のヒミツ)
程よい時間で、ベタ甘なヒロインが見たい人にはお勧めできるかなと。
そんなにプレイ時間も掛からないので、ある意味ダレる心配もなくプレイしやすいと思います。
キャラデザが気に入っていればなおさらですね。
SMEE的ノリがちょこちょこあります(早瀬先生ならまあそうでしょうが)ので、そればっかりに期待すると事故ですが、まあ程々の勢い任せ感のあるストーリーでした。

紹介
(DMM:DL版)

(getchu:パッケージ版)

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

閃鋼のクラリアス 感想

今回ちょっとイライラ度とネタバレ度が高い気がするので未プレイの方は閲覧注意です。
プレイ済みの方は一緒にイライラしましょう。
KOTOKOの楽曲くらいしか評価するポイントが無いぞ・・・?
何で延期したんだコイツ

ゲームデータ
タイトル:閃鋼のクラリアス
発売元:GIGA
発売日:2021/2/26
ヒロイン:4
END:4
CG:72
MUSIC:31
SCENE:8
属性:ファンタジー・アクション・BALDRHEAD
インストール容量:4.86GB
備考:パッチ必須


ストーリー
修学旅行でロンドンを訪れた長井永羽は、夜に散歩していると不思議な力で異世界に飛ばされてしまう。
飛ばされた先で、突然ナゾの鎧に不審者と疑われ襲われてしまうも、本来の敵が現れたことでに共闘し、誤解を解くことに成功した永羽は、この場所が王都セイレムと呼ばれていることを知る。
不審者を追っていた少女、シェリーが纏う鎧は一部の者しか契約することが出来ない”クラリアス”と呼ばれるもので、何故か永羽もクラリアスを纏うことが出来るようになっていた。

貴族であるというシェリーに厄介になりつつ、永羽は元の世界に帰る方法を探すこととなる。
セイレムの王殺しの嫌疑がかかるシェリーの父親を捜す、シェリーを助けながら。


感想
私の知っているTEAM BALDRHEADは死んだ。
続編あるなら続編ありっぽいタイトルにしろよいい加減にしろ。
(こんな内容でまさか続編が無いとか言わないですよね?)


<印象に残った戦闘TOP3>

第1位:グラム=ハザー戦
ストーリーの前半で登場する割にめちゃくちゃ強い。(個人的には作中最強)
しかも一回完全回復するので、バルスカ時代のノインツェーンバグかと一瞬焦った。
(体力ゲージが2倍ある場合は明示されているので、明示されてないのに回復されたのが衝撃)

第2位:赤い騎士
ストーリー内の使用で、同時出現する騎士を同時に撃退しなければならないという場面に遭遇する。
「クリア条件としては:鐘が3回鳴るまでに討伐」となっているのだが、早々に倒すとゲームオーバーになる。
「実は3つ目の鐘が鳴り始めてから鳴り終わるまで」に討伐しなければならず、それ以外だとミッション失敗扱いになるのである。
敵自体は然程強くないのに、このクリア条件が難易度を爆上げしている。
私はこの条件を実証するため、①1つ目の鐘が鳴る前に倒す、②1つ目の鐘が鳴った後に倒す、③2つ目の鐘が~としてそれぞれデバッグプレイのようなやり方でプレイしなければならなくなって憂鬱になった。
戦闘前にルーが「鐘が鳴る前に倒しちゃうわよ」みたいなことを言っていたのでそれでもいいんだとミスリードされた。
サイアクの闘い。


③最終決戦。vsアルディリア
大人の事情でランクインせざるを得なかった。
なお闘いはグラムハザーより楽だった。


ネームドキャラより雑魚のほうが強くてたまにやられるのはいつものBALDRHEAD仕様なので割愛する。



ストーリーについて。
ストーリーは事実上一本。
個別√は無く、最も好感度(?:立てたフラグが多い)が高いヒロインのショートストーリーが挿話され、共通ED後にその後の主人公とヒロインのアフターが少し説明される程度。
一体何で延期したのかよくわからないボリューム感。

いろいろ語られていない背景を残しつつ終了。TRUE END的なものもないし、最終章でいきなり登場する主人公の妹はそのまま特に何の説明もなく終わる。
主人公の永羽が過去に苦しい経験をした~というような描写がされるも、そのあたりは明かされず。
さも永羽がクラリアス「ハートオブドラゴン」に選ばれたのは理由がある、というような語りを多くの登場人物がするも語られず。
消化不良すぎて何も言えない。
こいつサブヒロインか!?と思わせる数々のラッキースケベイベントを演出するクリスや、メインヒロインのシェリーの従者であるマリスはヒロインに非ず。
ラスボスも何となく想像してたけど(ほかに登場人物いないし)理由がちょっとアタマおかしい人だし。
何より王様がクソ。

普通のゲームだと、個別√のどうこう、って話があるけれどもあまりにサクっと終わりすぎて語るコト無い。
エロシーンが少ないとか文句言いたいけどそれよりもっといろいろあったのでそこまで説明するまでもない。

唯一評価できるのはカミュがかわいいことくらい。ほんとそれしかない。

キャラクターについて。
人によってなかなか評価が分かれる。
ネタバレを意図せず含んでいる可能性があるので要注意。



まず主人公の長井永羽。
”なぜか”クラリアス:ハートオブドラゴンと契約し(実は理由があるらしい)セイレムに突然飛ばされた主人公。
行くところのない自分を拾ってくれたシェリーをサポートしながら頑張る。
元の世界でもいろいろ過酷な過去を辿ってきたらしい(なおその内容は語られない)。
妹がいる。なんだかんだ元の世界に帰るも、妹と一緒にセイレムを再び訪れる。
過酷な運命をたどってきたらしい割には妙に発言が軽い。
劇中での描かれ方的にはちょっとお金持ちのぼっちゃまっぽい感じも見受けられるが、その辺は一切語られない。

シェリー=ラインスタッド。
パッケージにも描かれているメインヒロイン。
異世界に飛ばされた永羽と最初に接触するヒロイン。
ラインスタッド家の一人娘で、貴族として生きてきた。
父親がセイレムの王を暗殺した疑いを掛けられており、街の人からの視線は厳しい。
資金繰りも厳しく、家宝を売ったり従者をクビにしたり、学園を退学したり、カフェで働きながら生活している。
言葉通り「世間知らず」。こんなレベルの世間知らずばっかりだったら世界は終わる。
かつての父親の戦友・通っていた学園の学園長:オスカーに騙される。危くパムパム・・・。(←むしろパムパムするシーンがあってもいいだろ!)
万事が世間知らずっぽい印象を発揮しているので、ラスボス前で意気込まれても、個別EDで王様になっても全く安心できない。
この国大丈夫か。
なおクラリアスは比較的使いやすい方かもしれない。


ルー=ベルフレア。
セイレムが所属している国・ユグドラキングダムとかつて戦争をしていた国家・ジール王国からの留学生。
貴族育ちでツンデレ風な感じ。ツーサイドアップ、わかりやすい。
こっちはおよそ想像できる「世間知らず」の程度。
猪突猛進、喧嘩っ早いところがあって度々トラブルを起こしそうになる面もあるが、信仰に一途なところもある。
信仰対象であった魔女・リディアとの対決時には信仰と友人関係の狭間で苦悩するところもあり、シェリーと比較するとまともに見える。
クラリアスは重量級。使いにくそうだったので私は劇中で一度も使用しませんでした。



立花八雲。
極東からやってきた黒髪少女。武士娘。
ユグドラキングタムに故郷を滅ぼされた。末裔。
いつも腹を空かせており、食に関して目が無い。
故郷の復讐をしようとする兄:大膳が乗り移っており、二重人格のような形で表出するところがある。
個別√では実は大膳は乗り移っておらず、八雲自身の復讐心が二重人格を生み出していたことが明らかになる。
(なぜか大膳は霊魂(?)の姿で現れ、永羽に八雲を助けてほしいと言う)
普段の言動から色気は皆無。おっぱいは大きい。
クラリアスは最強だと思う(個人の感想)。カウンター技があり、攻撃力もあるのでほぼ彼女をペアにしていれば勝てると思う。


カミュ=ホームズ
セイレムで探偵業を営む少女。
警察の捜査の手伝いも行っている。ボクっ娘。
囮捜査のため、主人公に嫌疑をかけた。
事件解決後になんやかんやで主人公たちと行動を共にすることに。
個別√では決め台詞を考えたり、一人称を「私」にしようとするなどかわいらしい一面もある。
(決め台詞はここぞの場面で使われるのでとても良いギミックだった)
父親は刑事だったが逆恨みされ殉職している。
クラリアスは遠距離タイプ。細かいギミックがあるが、好きそうな人は多分好きなタイプ。
本作内ではかなりの常識人枠。


-----------<サブキャラ抜粋>-----------

マリス=オルゴール。
シェリーの従者。シェリーと共に喫茶店で働いている。
世間知らずなシェリーを色々なところでサポートする。
実は反政府勢力の一員。
ユグドラキングタムと対立する組織に属する親を持ち、国にやってきたころからスパイ的な仕事を指示されてやってきた。
オルゴール、というのは養子に出された先の商家の名前。
(なお、劇中で実の親をオルゴール、と言っている描写があるが、上記の記載もあるため真偽不明。設定管理しっかり!)
美人枠だがヒロインではないのでルートは無い。エロもない。血も涙もない。


クリス=レイ
ユグドラキングタムの聖竜騎士団に所属するエリート。
諜報任務担当で、その仕事内容などから永羽たちと会敵する。
なお、永羽のラッキースケベの最大の被害者で、衆人環視の中で全裸にされたり、水浴びを覗かれたり、出会い頭にキスされるなど不遇の人。
CGは大量に用意されているのにヒロインではない。エロもない。血も涙もない。彼女はもっと怒っていい。


ナッシュ=ジグムント
聖竜騎士団の一員。
日頃からダウナー系で、任務に対しても「えぇ…」とか言っちゃう少女。
戦闘中は結構うるさい。
でもダウナー系は嫌いじゃない。ヒロインじゃないけど。エロもないけど。

レオン=レインフォルス
王子。
力こそ全て、を是とする男。シェリーの父親が王を暗殺したと公式表明した人物。
永羽からミュージックプレイヤーを奪おうとする。
実は養子。
現王:ギルバートの命で王国最強のドラゴンを操れる人間を探すべく、少年の時に蟲毒のような形で選ばれた。
王族にしか受け継がれない徴を持つシェリーと強引に結婚しようとするも失敗する。
なんか可哀想な男。

フレア(アルディリア)
レオンが退場した後突然現れる王族にしか受け継がれない徴を持つ少女。
王弟の娘:フレア=レインフォルスとしてギルバートが紹介するも、実は別人。
歴史上のグリムドラゴンを討伐した魔女姉妹の一人、アルディリアだった。
自分が平定した世界がやがて危機に陥ることを未来予知の力で知ってしまったため、世界を救うためのより強い力を求め世界を滅ぼそうとする。

ギルバート=レインフォルス
現王。レオン王子に暗殺されそうになるも、シェリーの父の魔法で猫に魂を移し逃げ延びる。
シェリーたちの前に現れサポートをする。
レオン王子失脚後は政治に戻るも、アルディリアをフレアとして紹介したりするなど明らかに愚王。
蟲毒をつかったりもした。
ユグドラキングタムが政体を維持できている理由をユーザーに理解させないようにする王。

ノイマン=ロビン
ギルドマスター。
シェリーが自警団を作るサポートをしたり、依頼を渡す人。
(なぜか)永羽のことを知っているらしいが、その理由は語られない。
フレア(アルディリア)と組んで宝物庫からクラリアスを窃取したり色々暗躍しているが正体は明かされない。
目がコワい。
本当の正体を知っているのはアルディリアだけのようで、目的はアルディリアとは異なるらしい。
謎の人物。


これだけ謎を放り投げておいて、単発作品とかあり得ないでしょう。

システム面について。
ブーストパッチ無かったら途中で投げてた。
アクションについては操作は今までのバルドシリーズと大体同じ。
シュミクラムばっかり操作していたこともあって、大分操作に難儀した。
今回はベースが騎士甲冑=鎧ということもあって、ブースターとかもついていない。
動きがノロい。
相手のスキをついてガードブレイクすると、相手がスタン状態になって攻撃が通りやすくなる仕様。
(だから八雲が一番使いやすかったわけですが)
鍔迫り合いをすると、相手のスキが分かりやすくなる。
何故かたまにガードブレイクした瞬間に速度がスローになり、せっかく作ったスタン状態が復活されてしまうこともある。
レストレードの弾丸を打ち返すのは楽しかった。


総評
未だ買ってない人は続編が出てから買ってもいいです。
何なら買わなくてもいいかもしれません。
バルド遊んでた人達はそっちと比較しちゃう気がするので、ストーリーで遊ぼうとしているならやめた方がいい。
おかしいなぁ・・・原画も好きなイラストレーターで、開発もBHで勝ちゲーだと思ってたんだけどなぁ・・・。


紹介

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

さくらの雲*スカアレットの恋 感想

年の瀬ですね。
私は先週末で無事(?)仕事納めを果たしました。
仕事始めを無事に迎えられる気はしませんが←

ゲームデータ
タイトル:さくらの雲*スカアレットの恋
発売元:きゃべつそふと
発売日:2020/9/25
ヒロイン:4
END:4
CG:95
MUSIC:26
SCENE:17
属性:SF・ミステリー・大正浪漫・時代考証
インストール容量:4.13GB
備考:なし


ストーリー
西暦2020年。
青年・風見司は桜の木の下で日向ぼっこをしていたところ、突然視界が歪み、意識を失ってしまう。
目が覚めると、傍に女性がいることに気付く。
司が持っていた詩集を読んだ女性は、その本の装丁や詩の発表年の誤植について司に問いかける。
「なぜ、今から8年後の作品が掲載されているのか」
その詩は、(1928年発表)梶井基次郎作:櫻の樹の下にはであった。

冗談にもならない会話で、自分が100年前の時代、1920年にタイムスリップしたことを知る司。
元の時間に戻る方法は「歪み」を正すこと───。
そう告げた、謎の少女:アララギの言葉を信じ、司がタイムスリップして最初に出会った女性探偵:所長と共に、1920年の東京を掛け巡りながら、奇妙な事件の謎を解くことになるのだった。


(左からメリッサ、蓮、所長、遠子)


感想
ストーリー的には今年一番かもしれない。
やられた。やられましたね。ただの大正世界を舞台にしたラブコメだと思ってたらこれだよ。
正直意表を突かれたところが多く、久々に感動したのは望外の幸運でした。
後述しますが、本作の良かった点は大きく2点。

①キャラクターの掘り下げが巧妙
②モデルとなった時代の考証が充実した世界観


ストーリーについて。
ストーリーは一本道。
まず共通ルートがあって、途中でルートが途切れるハメになってしまいそこから一人ずつヒロインを攻略していく形。
順番は共通→遠子→蓮→メリッサ→所長となっており、後半二人のストーリーに重点が置かれているようである。

この順番には理があると思う。共通ルートの衝撃の終盤を見た後に、その場の謎を明かす遠子√はわかる。
蓮√は緩衝材な感じがあります。独立したストーリーですね。
メリッサ√では、いよいよミステリーらしく舞台が整っていき、これまでは知人・友人的ポジションだったサブキャラ達との間で疑心暗鬼になる。ミステリートレイン編はなかなか興味深いですね。電車での事件といえばオリエント急行ですが、これは1934年発売なので少し時期がずれてくる感じはあります。
そして最後の所長√。全ての謎が明かされ、司は未来に帰る。

自分の衝撃が最も大きかったのは、所長√における司君ネタバレ。
確かによくよく振り返ると、共通ルートでそんな挙動してたけれども、ちょっと歴史とミステリーに詳しいだけの只の青年だと完全に勘違いしていました。いやはやまさか。
加藤大尉のネタバレよりよっぽどビックリしたので、これはプレイしてみてのお楽しみです。

最後の締め方は、元号変化期のこの時期でないとインパクトが少なくなりそうなので、ネタとしての時勢もすばらしかったかと思います。

もう一つ特徴としては、時代考証が割と行われているところで、モブキャラの後藤新平や千里眼事件など、いわゆる近代史における明治末期~大正期をベースにしたネタが多く取り入れられているところも面白いポイントだと思います。
百貨店が土足禁止だったり。(百貨店が土足OKになるのは大正末期からのようです)
ちなみに劇中でも登場する地熱発電、これも大正末期に東京電燈株式会社が日本初で実現しており、もっと言えば別府あたりで太刀川平治博士が発電に成功しています。

厳密な時代考証マニアからすると物言いがつくのかもしれませんが、ただの着色料としての大正ロマンでなく正しく世界観として大正時代を投影しているのが本作の良い特徴ですね。

キャラクターについて。
キャラクターがかわいいのはどの作品もそうなのですが、人間の多面性を感じられるようなキャラクターデザインが魅力度を引き上げている。
主人公の司しかり、一面ではただのご令嬢である遠子、従者メリッサもそうですが、サブキャラクターとして登場する柳楽刑事、櫻井鉄道員や博物館の中森館長まで、誰もが癖のある人物であることが面白い。
最も裏表がないのは所長やサブキャラの成田氏くらいなものではないでしょうか。

そういう意味では蓮も個別√に入ったら豹変(笑)するので、やっぱり時代が動く時の人物って一筋縄ではいかない人物ばかりですね。
私が一番大好きなのはメリッサちゃんです。次点は遠子。制服がかわいすぎてイケません。
所長はヒロインというか主人公の系譜ですね。


システム面について。
ストーリーが事実上一本道なので、途中で戻ったりできないところがミソです。
そういう意味ではプレイする時はタイミングを見てセーブデータを作っていかないと、誰の√分岐から再プレイしようというのが後々難しくなるような気がします。

総評
正直面白かったので、かなり評価高いです。
大正ロマンに浸りたい人には特にオススメかと。
かつ、令和を数え始めたこのタイミングだからこそプレイする時期として適切かもしれません。
ただ、エロさは期待してはいけない。

紹介
Amazon版

DMM版


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

運営記録
プロフィール

アニゲムスター

Author:アニゲムスター







社会人のヲタクです。

好きなアニメ
泣ける物なら泣けなくても面白いのは大体好き。最近観たのは恋する小惑星。

好きなゲーム
コンシューマは空の軌跡
PCゲームならBaldrSky,
ef - a fairy tale of the two.ほか。

リンクはご自由に掲載いただいて構いません。
(事後でも連絡を貰えると見に行きます)
相互希望の場合はtwitterよりお願いします。

当ブログでは維持管理のために下記各社のアフィリエイト広告を掲載しています。
・Amazon
・DMM
・getchu.com

広告
来てくださった方々
新作情報(発売月順)

January

February

March

April
ハッピーライヴ ショウアップ! 応援中!!
海と雪のシアンブルー:CUBE
『ゆびさきコネクション』を応援しています!

May
ぱられるAKIBA学園:panache

June

July
放課後エデュケーション:エスクード

August

September

October

November

December

発売月不明
Twitter
カテゴリ
AXL (5)
RSS,何それおいしいの?
相互リンクなど
各ブランドリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる