スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命のスペア

最近急に涼しくなってきましたね。
もう秋ですか・・・。
物寂しい時期になってきましたね。
あぁ・・・どこかに俺を暖めてくれる人はおりませぬか(懇願)

ところで、9月は千桃が控えてますね。やっとかよ、とそろそろ待ちくたびれたところでありますが。
(先月まで予約してなかったなんて言えない)
序にクロシェットのはるるみなもに!も抑えてきました。楽しみだなぁ。

ゲームデータ
タイトル:生命のスペア
発売元:あかべぇそふとすりぃ
発売日:2016/08/26
ヒロイン:1
END:1
CG:40
MUSIC:19
SCENE:7
属性:一本道・純愛
インストール容量:1.72GB
備考:なし



ストーリー
世界から、"桜"が失われつつあった。
別に天変地異とかが原因ではない。
かつて人々が綺麗だといって、春に眺めていた花見の対象:桜は梅に変わっていた。

人々は、桜と言う存在を忌避していた。
しかし、静峰竜次の家には桜の木が植えられていた。
近所の住人からは良い顔をされないが、竜次は切り倒すつもりはなかった。

この、人々から忌避される桜を”綺麗”という少女が今日も彼の家に来る。
彼女は、夙川恵璃。竜次のクラスメートである。
しかし、彼女は常に桜を身に付けている

桜紋病――。
難病として知られるこの病気は発症したが最後、心臓移植しか助かる道はない。
もちろん適合度は非常に低く、兄弟姉妹であっても例外ではない。
その特徴として、罹患者の皮膚に桜の紋様があらわれる事がある。
疾病の発覚当時、桜が感染源であるといったようなデマが広がった結果、今日の桜への忌避感が残っているのである。
かつて竜次はこの病気で兄を失い、また恵璃も発症者である。


ある日彼女は竜次に頼み事をする。
妹を説得して欲しい――。
彼女の妹、璃亜は”奇跡的に”心臓移植適合者であった。
移植には年齢下限があり、恵璃が次に迎える誕生日でそれに達するというのだ。
そして、璃亜は移植に積極的であり、自らの心臓で姉を救う事が出来ると言って憚らない。
それならば、何を説得すると言うのか。

恵璃の答え、璃亜の生きる意味。そして残された時間。
彼らが導き出す最後の答えは何なのか―――。


感想
あかべぇ3の新作ですね。できない~に次いでやってきたそのタイプのストーリーです。


ストーリーについて。
高評価。
できない~のような、ストーリーギミックは存在しないもののその代わりにストーリーが一本だったことと、キャラが最後までぶれなかったことが非常によい点だったと思います。
主人公の父親が心変わりすることが、プレイしながら想像していた最悪の展開だったのですが、その点最後までそれは変わらなかったことが素晴らしい。
あるいは、どちらかだけ助かるとか。そんな微妙な終わりは勘弁願いたいところでありますからね。

竜次の家族と恵璃の家族の対比感凄い。
明らかにヤバい家庭と、凄く温かい家族。
ただ、後者の家族も普通の家族なんだよなぁと思わせる箇所は多分にあり、それを補って余りある程度に竜次の家族はかなりヤバイ家族であるわけですが。
いっそ猟奇的。

ただまぁ、”できない”には叶わなかったね。
やっぱり一度絶望の淵に叩き落される方が感情に対して印象を与えられるのかもしれません。
今回は言ってしまえば、終始終わりが見えている流れの中でどう進めるかというところがポイントだったように感じます。
無論、前述の理由で別のところでハラハラさせられたりしましたが。

璃亜がデザイナーベビーと言う設定もあって、実は長生きできないんですとかSFにありがちな設定だったらこの物語破綻しそうな気がしますが、どうやらこの世界ではそういう設定はないようですね。

最後のあの空気感が好き。世界から離脱していく感じが。

キャラクターについて。
そんなに登場人物は多くないし、ヒロインも一人。
ただまぁ、竜次の父親は良い意味で悪役でしたね。
璃亜は、確かに名前の意味考えるとそういうことになるのか。両親怖いなぁ。
自分の子供の名前はちゃんと考えて付けようと思いました。

クラスメートなんてもはや存在を忘れるレベル。
本当に重要じゃなかったんだなぁ。

恵璃の両親はなかなか。
父親、画家かよ。なるほど、日中に登場しても大丈夫な言い訳ですね。
母親は若すぎるなぁと思った。いや、大好物ですが。
というか、主要人物がコレだけしかいないと言うのもなかなか珍しいもので。

竜次君は普通の青年だと思いますよ。

システム面について。
特に言及する事は何も。
システムが幅利かせるような内容でもなかったので。

総評
よい。
安くてシンプルなストーリーで、重たい。
ただ如何せん短すぎるせいで感情移入が追いつかないまま終わりそうなのが難点か。
あとは、”できない”と比較してはだめだなぁと。確実に向こうのほうが重かったので。
でも、終わり方はこっちの方が好き(個人的感想)

紹介

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

銀色、遥か

ちょっとばたばたしてました。
先週はPlanetarianを深夜上映で行ってきたんですが、深夜に観るものじゃないですね。
深夜3時台の涙腺はもはや崩壊しっぱなしでしたね。はたから見ると大層変なヤツに見えたことでしょう、おそらく。
内容については恐らくいまさら語るほどのものではないほどの知名度の作品なので割愛しますが。
一昔前の・・・一昔前らしい作品だなぁと思ったり思わなかったり。

「ロボットってことでもう結末は想像できていたのに」


さて、気を取り直して。

ゲームデータ
タイトル:銀色、遥か。
発売元:toneworks
発売日:2016/08/26
ヒロイン:5
END:5
CG:110
MUSIC:46
SCENE:51
属性:ロングストーリー・大容量・学園モノ
インストール容量:7.19GB
備考:修正パッチ



ストーリー
新見雪兎(名前変更可能)は、中学2年生になった。
彼に待ち受けていたのは多くの人との出会い。
カナダからの留学生で、どことなく壁を感じる、ベスリー・ローズ・ディズリー。
空き教室で密かに演劇を練習する名白椛。
ハイテンションな後輩、蒼井雛多。
スケートリンクを舞うフィギュアスケーターの如月瑞羽。
引っ込み思案な兄妹未満の妹、新見雪月。

それぞれがそれぞれの想いを抱えていて。
それは年を経るごとに変わっていく。
そしてその変化は彼自身にも。
永く続くものとなる彼女たちとの関係が、ここから始まった―――。


(左から、雛多、瑞羽、椛、雪月、ベスリー)
『銀色、遥か』応援中!



感想
ということで、toneworksのヘビー級ストーリーが今年もやってまいりました。
毎度のごとく購入動機は恋泉先生が原画やってるってだけなんですが。


ストーリーについて。
中学編と学園編(エロゲーマーにとってのいつもの学園)、そしてそれ以降という3部構成ですね。
概ね中学編が共通ルート、学園編以降ではもう個別ルートといったところでしょうか。
シーンスキップつけてくれてもええんやで(チラッ)と言う程度に中学時代を5周するのはなかなかの苦行でありました。
本音を言えば、共通部では主人公がよく見えなかったというところがありましたね。
掴みどころがないというか。
「ワンルーム学級」なるものが、この時代における主舞台になるわけですが、主人公がそれまでに負っている傷を抱えている中でこの舞台というのは真、へんな歪さを感じてしまったわけであります。
即ち、「大丈夫か、この主人公」と言ったところでありました。

まぁまぁそんな中学編を抜けてみればなんということはなく。
それぞれの方向性に向けてヒロインが取り組む中で、主人公自身の進路について悩む事になるわけです。
何か一心に取り組むものを持っているヒロインと、どこか将来がぼんやりしているような主人公と。
この学園編ではヒロインの影響を受けつつ、主人公が進路を定めていくというのが筋になります。あ、もちろんヤっちゃいますよ。

そしてそれを乗り越えれば大学生・社会人になるわけです。;
ここまでくれば安心してストーリーを見ていられますね。


つまり総じて言うなら、この主人公は本当に無個性というか、妙に埋没するきらいのある普通の少年が選ばれているわけです。
この辺好き嫌いありそうですね。

キャラクターについて。
一番好きなのは椛。
二番目が瑞羽。
三番がベスリー。
四番が雛多で雪月は・・・。

椛が好感度高い理由は、良くも悪くも普通の少女であるところが大きいと思います。
中学で初めて隣になったクラスメート。(新しい出会い)
とっつきやすく、演劇に対して熱心な姿勢。(人当たりが良い)
人並みに嫉妬をして、喧嘩もする。(あぁ~若人のお約束)
大学でもやりたいことをやって、もう完全に正妻に納まり。(安定した関係性)
社会人として演劇に取り組む・・・。(生活も安定・ゆとりのある人生)

なんだこれ、パーフェクトヒロインじゃないか!!
とまぁそういう理由になるわけです。
いや、本当に良い子ですよ。

瑞羽が2位に収まっている理由は、ヒロインの中で唯一シーン頑張ってるから、ということに^^
無論、ヒロインとしても頑張ってますし、ライバルキャラであるアリスとの関係性もストーリーを盛り上げる要素ではあると思います。
(私の中では今作のタイトルは彼女がメインヒロインとして扱われているのではと思ってました)

ベスリーは、中学時代当初の無愛想感が壁を作っていたのですが、堕ちるとすごい。
主人公をグローバル化してしまう程度の能力を持っています。たいしたもんだ。
ストーリー単体としてみるなら彼女のルートが一番面白かったかも。
特にカナダ留学編は非常に面白かった。主にサブキャラのお陰かもしれないですが。

雛多が低めなのは単純に私の好みに合わなかっただけだったり。
いや、性格良しのパワフル系ヒロインで、かと思えば人の気持ちの理解が早く、有能である事には変わりないのですが。
なんだか妙にトレースし辛いストーリーだったせいか、余り感情移入できなかったのが原因かと。

雪月はなぁ。
前述の理由により、瑞羽の攻略を最後に回したわけで、その前に彼女の√をプレーしてたわけなんですが。
彼女のお陰でこの更新が大幅に遅くなったと言っても過言ではなかったり。
どうにも学生時代を彼女のルートで進めるのがキツくてですね。これが恐らく主人公のバックグラウンドであるかつて失われた家族関係による傷とも関連しているような気がしないでもないのですが。
学園編序盤まではなかなか進めるのが大変でしたね。後半以降はスムーズに進められましたが。(もしかしたら単純にヒロインとしての魅力が足りなかったのかも)

先生狙ったり、椛√の演劇部部長を攻略対象としてもよかったのでは。

システム面について。
そろそろシーンスキップを導入しましょう。先生!
フロチャは要らないので。

総評
ヒロインを絞って、長編を作り上げる事に定評のあるtoneworksとしては最大のものになったのでは。
個人的には、前作のヒロインほど魅力値が高いヒロインがいなくて物寂しさを覚えましたが。
(主に美人要素の律佳とかエロさに定評のある夏希みたいな)
エロゲとしてはもう少しバリエーションあってもイイかもしれませんね。

あとは、折角長編でヒロインを掘り下げていくなら途中で主人公がドロップアウトしてサブヒロインにいってしまうとかいうのがあってもいいかも(今後の希望)。
それだけ魅力的なヒロインを多く生み出しているということで。

紹介

関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

運営記録
プロフィール

アニゲムスター

Author:アニゲムスター





アニゲムスターです
好きなアニメ・・・泣ける物ならおk
好きなゲーム:空の軌跡
18禁ならBaldrSky(GIGA),ef-a fairy tale of the two.
今後も小さく頑張っていきますので応援よろしくお願いします
リンクフリー。相互希望の場合はtwitterやメールフォームよりお願いします。

広告
blogram投票ボタン
Amazonアダルトゲーム人気順
最新コメント
来てくださった方々
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新作情報(発売月順)

January
きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中! 『不運と幸運と恋占いのタロット』応援中! アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢- 応援中!! 『彼女と俺の恋愛日常』応援中です! 自宅すたじお 2nd Projct『リアルエロゲシチュエーション!(リアエロ)』応援中! 『人気声優のつくりかた』
February

March
【はるるみなもに!】情報ページ公開中! 『想いを捧げる乙女のメロディー』2017年3月24日発売予定 HULOTTE『神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。』
April
『新妻LOVELY×CATION』を応援しています! 9-nine-ここのつここのかここのいろ D.S.i.F. -Dal Segno- in Future laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
May
「天結いキャッスルマイスター」応援中! ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
June

July
超昂神騎エクシール
August

September

October

November

December

発売月不明
星降る夜のファルネーゼ応援中!
Twitter
更新履歴
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS,何それおいしいの?
相互リンクなど
お世話になっているサイト様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。