fc2ブログ

管理人より2021年末のごあいさつ

こんばんは。
管理人です。

今年もいよいよ残すところあと数時間、もうすぐ2022年がやってきます。

2021年もいろいろありましたが、ヲタ活としてはやはり2年ぶりのコミケ開催が大きかったかと思います。
COVID-19が蔓延する中で、いろいろなイベントで試行錯誤がされてきた中での大一番、幸運にも私は入場チケットが当選したので、久しぶりのビッグサイト巡回をしてきました。
普段は男性向けーを中心に回る所ですが、今回は当選したチケットが西・南チケットだったために初めて創作ジャンルに飛び込みました。こちらも沼でしたね。沼にお金が沈んでいく……。
購入した戦利品は、年明けにでも整理してみたいと思っています(←毎年実施されない)。
新作を購入できたこともうれしかったですが、何より久しぶりにいろいろなサークルを回り、挨拶ができたのがよかったです。
従来であれば年に2回の生存報告会であるところ、2年も実施されなかったわけですからとても貴重な機会でした。

さて、コミケはこの辺で。

個人的にもう一つ大きかったのはソシャゲへの本格没入ですね。
今までなんだかんだ片手間で流していたシャニマス、今年は結構遊びました。
年初にハマりはじめ、夏のLIVEに複数回参戦し、今に至ります。
同じツアーのライブに複数回行く意味を、肌で実感した機会でした。
シャニマスは、一人魅力的なアイドルを見つけてプレイしていると、気が付くと魅力的なアイドルに囲まれてしまう恐ろしいゲームです。
来年もちょこちょこ遊んでいるかと思います。


さて、3つ目。
エロゲですね。
エロゲ冬の時代~~~~なんていうのはここ数年ずっと言われていますが、何やかやと新ブランドが立ち上がったり、化石のようなブランドがいたり、冬眠から急に目覚めるブランドがあったりとまだまだ楽しめる要素は結構ありそうな気がします。
一方で、名作のリメイクだったり、アニバーサリーパッケージだったりと、”完全新作”がなかなか出てこなくなっているのは寂しいところです。
と、言いつつも私自身もなかなかゲームをする時間が取れず、結果的にブログの更新が滞ってしまいがちなところはあるので、これは双方引き分け、といったところでしょうか(自虐)。
10月のモンキーズ、12月のクナド国記など、まだ攻略完了していないものの結構面白そうな作品がありますので、2022年も引き続きエロゲ熱は冷めないと思います(11年も熱出てたらそれはもう病気)。
最近ではTwitterでひとこと感想も流行っているようでありますが、例のごとくこのブログでは”無駄に”冗長な感想を書き続けていくかと思いますので、たまには長文読みたいな~~と思った方はぜひお立ち寄りください。
Twitter関係でいえば、最近エロゲーマーがTwitterに沢山いらっしゃるようで、同好の士としては大変嬉しく思います。
恐れ多くもフォローいただいてたりもしますので、そちらにはなるべくフォロバしております。
唐突にリプライをしていることがありますが、大したヤツではありませんので、どうぞ適当にあしらっていただければ幸いです。

そうそう、システマティックな話でいうと、このブログもそろそろSSL化しなければならなさそうな雰囲気がひしひしと伝わってきます。
確かリンク先もSSLじゃないと効果がないという話も聞いたような気がするのですが、そのあたりどうなんでしょうか。
特にエロゲ公式サイトなんて、わざわざSSLにしているところもそんなに多くはないので、ブランドリンクとか軒並み綺麗にしないとダメかもです。


さて、普段と比べると相当短めではありますが、挨拶が長くなるのは好きではないので(笑)。

本年も当ブログ『ヲタ入り人のひとりごと』にお越しいただきありがとうございました。
また、2022年も引き続きよろしくお願いいたします。


それではみなさま、よいお年をお迎えください~~~~~~~~
関連記事

ウチはもう、延期できない。 感想

師走わすわす。

ゲームデータ
タイトル:ウチはもう、延期できない。
発売元:Sonora
発売日:2021/11/26
ヒロイン:5
END:6(BAD:1)
CG:89
MUSIC:26
SCENE:19
属性:制作業界・学園・姉弟
インストール容量:2.89GB
備考:なし



ストーリー
椎葉雅史(しいばまさし)は幼馴染の宮村未来(みやむらみく)との帰り道、突如姉の椎葉さやかに拉致される。
拉致された先は、街中のとある雑居ビル。

わけもわからず連れてこられた2人だったが、そこでさやかから、この場所がさやかが代表を務めるエロゲー制作会社”ハーデスソフト”であることと、新作の制作協力──もといアルバイトを頼まれる。
ハーデスソフトにはさやかが独立する前からの付き合いである原画家の鈴本千紗、グラフィッカーの榊原愛、そして声優兼事務バイトの宮村花梨──未来の姉がいた。
今回白羽の矢が立った理由としては、未来が私小説執筆を趣味としており、その文才を当てにシナリオライティングのサブとして手伝ってほしいためだった。
雅史は何でも屋としての起用である。
紆余曲折あったものの、何とか二人が加わった新生ハーデスソフトはもう延期できないマスターアップ〆切に向け舵を切ったのである。







感想
Sonora連作です。
エロゲー制作を主軸にした作品。
業界ネタをテーマにした作品は過去にもありましたね↓。
えろげーとか。→サイトアドレス
似たような奴で、同系列からも出てますな↓。
→人気声優のつくりかた

ストーリーについて。
流石に自分のところの業界の話ということもあってか、随所に業界あるある(マスターアップの話とか)が散りばめられていてゲーマーとしてはなるほどと思うところが多々あった。勿論フィクションなので、一部脚色があったりするのだろうが。
共通パートの部分が冗長になってダレる、というのは割とエロゲあるあるだと思うけど、深堀できるネタとか、あまり擦られてないネタだと進めていてもストレスにならないのが良かった。(学園モノとかだと凡そネタは出尽くしてしまってきている感じはあるが)

一方、個別パートにおいては結構温度差があった。
幼馴染かつ同級生の未来のパートについては、結構シリアスというか、カップルが結構追い詰められる展開があり、まぁまだ学生だからと思わせるようなストーリー展開になっていた。後から考えると大したことない悩みだったりするけれど当事者的には極めて大きな悩みに感じられる、というアレ。
しかし、それ以外の千紗や愛に関しては雅史が急に頼れるスーパーヒーローのような立ち位置に変わり、おっぱい事件や生活破綻事件等も解決する立ち回りを見せる。
未来の姉、声優の花梨に関してはその中間というところではあるものの、どちらかというと敵に啖呵を切ったりフォローしたりとやや後者に近い振る舞いを見せた。が、オチとしての生放送回は極めて面白いシーンだったのですきです。

もうちょっと頑張れよオトナ組。

オマケ、というかサブヒロイン的立ち位置の実姉・さやかは非常に拗らせた感じが強く、ある意味雅史への思いの強さでは一番だろうと思わせるようなところが散見された。同人制作の話とか。
さやかは共通パートで代表として他社と渡り合うポイントがあるだけに、個別パートとのギャップが強く出て魅力が高まった気がする。

総じてストーリーを進めるのにストレスは感じられなかったものの、4作目ともなると過去作の登場人物を使いまわす方法が辛くなってきそうだなと思った。

1点気になったのは随所に同ブランドの作品紹介が入りすぎてて、CGや背景に映っているだけならまだしもその説明をキャラクターにさせるのはくどさ、煩わしさを感じた。

キャラクターについて。
キャラクターとして一番魅力的なのは姉・社長の椎葉さやか。
ストーリー感想でも書いたが、共通パートの格好良さと個別パートの可愛さが並び立っていてシナリオに最も愛されていたキャラなのでは。

一番好きなのは声優・幼馴染の宮村花梨。
一番主人公と共闘している感じがあってよかった。
共通パートではあまり存在感が出なかったが、個別パートに入って吹っ切れた感じが出ていてよかった。

キャラデザが一番好きなのは原画家の鈴本千紗。
私生活破綻していて、カップル成立前後の慣れない感じもあったが、あんまり格好いいところが見られなかったのが。
カラオケは黒歴史確定。

キャラ立ちがしっかりしてると思ったのはグラフィッカーの榊原愛。
共通パートからのヲタ引きこもり拗らせてる感じと、相反する主人公をからかう感じのマッチがよかった。

めんどくさかわいかったのは幼馴染の宮村未来。
共通パートから好意を露出していたものの、1パート以外は報われないヒロイン。
報われた個別パートでは激情家というか嫉妬心バツグンで起伏の激しいヒロイン。(胴体の起伏はそれほどでもない)
周りを大人ヒロインに囲まれ過ぎるとこうなってしまうのか‥・・・・。

と、言葉にすると上記のような感じになるが、具体的に説明するのが難しい。


システム面について。
めずらしくお気に入りボイス機能を使った。
登録したのは下記のボイス。プレイした人ならシーンが思い出せるはずだ…。


*不具合報告
自分の環境だけかもしれないが、ディスプレイがスリープしたときの復帰後、DirectSoundのセカンダリバッファに関するエラーが出て強制終了された。
ゲームをする場合はこまめにセーブをするか、ディスプレイのスリープモードを切る等の対応をした方がいいかもしれない。

総評
業界話を知りたい人はプレイして損はないかと思う。
後は毎度のことながらキャラデザかな。

紹介
(Amazon)


(FANZA)


(getchu)

関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

運営記録
プロフィール

アニゲムスター

Author:アニゲムスター







社会人のヲタクです。

好きなアニメ
泣ける物なら泣けなくても面白いのは大体好き。最近観たのは恋する小惑星。

好きなゲーム
コンシューマは空の軌跡
PCゲームならBaldrSky,
ef - a fairy tale of the two.ほか。

リンクはご自由に掲載いただいて構いません。
(事後でも連絡を貰えると見に行きます)
相互希望の場合はtwitterよりお願いします。

当ブログでは維持管理のために下記各社のアフィリエイト広告を掲載しています。
・Amazon
・DMM
・getchu.com

広告
来てくださった方々
新作情報(発売月順)

January

February

March

April

May

June

July

August

September

October

November

December

発売月不明
Twitter
カテゴリ
AXL (5)
RSS,何それおいしいの?
相互リンクなど
各ブランドリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる