fc2ブログ

深淵のラビリントス 感想

ゲームデータ
タイトル:深淵のラビリントス
発売元:アストロノーツ・シリウス
発売日:2022/7/29
ヒロイン:6
END:10(クリアボーナスから計算)
CG:92
MUSIC:17
SCENE:72
属性:異種族・RPG風・BADあり
インストール容量:2.48GB
備考:修正パッチ(パッケージ版のみ)


ストーリー
その男は、牢に繋がれていた。
いつから繋がれていたかはわからない。
何故繋がれているのかもわからない。
そんな状態だったが、ある時目の前に老人が現れる。

老人に言われるがままに自身を顧みると、いつのまにか、彼を繋いでいた鎖は解け、牢から出られる状態になっていた。
老人は、彼に「ヴェルト」という名を与え、一瞬のうちに姿を消した。

ヴェルトは、与えられた名を手に、牢を脱出する。
この牢は地中に埋まった塔の最下層。
塔の入り口に向けて、何も記憶にない男・ヴェルトは歩みだした。



私のお気に入り、←エルミット, シャリオ→









感想
RPGやSLG要素が大好きなアストロノーツ・シリウスの最新作。
今回はターン制バトルを採用したRPGライクなテイストになっている(なお、レベルアップ要素はない)
敵を倒しながらスキルを取得・強化して進めていくタイプだ。

わたしはM&M先生の原画が好みなので、概ね欠かさずプレイしているのだけれど……。

ストーリーについて。
最近はやりの(最近というほどではない)タイムリープ要素がバックに敷いてあるストーリー構成。
魔族姉妹が主人公と何やら絡みがありそうな雰囲気を醸しつつ、主人公が偶にフラッシュバックする回想を見ても明らかにかつての知己であることはわかりやすい。
面白かったのは、明らかにメイン格の二人ではなく、一般的人族のエルミットがストーリーの主軸に関係していたところ。
幾周したがなかなかTRUE ENDに進めず、苦難していたけれど、まさか彼女のストーリーを進めることがフラグになっているとは思わなかった。魔族姉妹の「存在しない」ストーリーの拾い忘れを回収するために無駄に時間を使ってしまった。

また、多くの作品でもありがちだが個別ENDとTRUEではある程度制約を緩めていることが多い。
例えば、主人公は「魂」レベルで縛られているにもかかわらず、個別ENDではあっさり脱出してHAPPYになっていたり。
その手が使えるなら初めから使えばいいのに、とは思ったがこういうツッコミをするのは野暮かもしれない。

貢献度的にはベートさんが間違いなくメインヒロイン。


キャラクターについて。
M&M先生のキャラクターだけあって、どのヒロインもかわいい。
金髪正統派お嬢様系美少女のエルミットは私の中では本作内殿堂入りだが、実は次点でお気に入りは女騎士シャリオ。
とんでもファザコンではあるが、意外と押しに弱いところがチャーミングである。
しかし父娘プレイはちょっと萎える(笑)。それを受け入れられるほど標準的に親子イベントこなしてないんだよなぁ。
ビジュアル的には好みなのに、どうしてこんなに残念美少女なのか。

私はケモナー系もロリ系も支障ないが大好物というわけでもないのでそれほど。
今作、制作の都合なのかわからないけどプレイ内の差分が少なかった気がしたのが残念。
過去色んな作品でも言ってきたが、「咥えてない」CGで「咥えてる」シナリオを消化するなと。
そこの差分は少なくともほしいよね、と思いましたがわかってくれる同志いたらいいな。


システム面について。
ゲームは非常に単調。
スキルの選別は結構大事で、取ってるスキル次第で進め方は変わる。
また、エンディングを見ると初期パラメータが上がった状態でプレイできたりする。(強くてニューゲーム)
私は防御力無視の「貫通」とダメージ軽減の「受け流し」、「回り込み」が基本。
おまけで毒効果付与の「毒剣」とか、1攻撃無効スキルか。
攻撃力x%低減等のスキルもあるが、軽減数値が明確な上記2スキルの方が使い勝手がよかった。AP(行動に必要なポイント)も回復するし、消費APも1と少なくて済む。

周回すると初期値が上がるものの、面倒だったので表ステージは1周のうちにセーブ・ロードを繰り返して終わらせた。
終始難易度はNORMALで進めたが、あえてEASYにする必要はないと思った。そんなに難しくない。
裏ステージはちょっと敵が強いので周回した。どちらにしろフラグの関係で周回は必要になった。

戦闘スピードをCtrlで倍速にできたりすればもうちょっと効率よく遊べた気がするので、グダった点はマイナスポイント。
あと裏ステージへのフラグが面倒。これもマイナス。

総評
M&M先生のキャラクターが好きなら遊んでも良い。
ゲーム性には期待できない。この路線続けるのかなぁ。
中世系前作、魔王城Re:ビルド!の方がエロかったしちゃんと遊べた気がするので、どちらも遊んでいなければ魔王城Re:ビルド!のほうがオススメ。



紹介


旧作(魔王城Re:ビルド!)

関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

運営記録
プロフィール

アニゲムスター

Author:アニゲムスター







社会人のヲタクです。

好きなアニメ
泣ける物なら泣けなくても面白いのは大体好き。最近観たのは恋する小惑星。

好きなゲーム
コンシューマは空の軌跡
PCゲームならBaldrSky,
ef - a fairy tale of the two.ほか。

リンクはご自由に掲載いただいて構いません。
(事後でも連絡を貰えると見に行きます)
相互希望の場合はtwitterよりお願いします。

当ブログでは維持管理のために下記各社のアフィリエイト広告を掲載しています。
・Amazon
・DMM
・getchu.com

広告
来てくださった方々
新作情報(発売月順)

January

February

March

April

May

June

July

August

September

October

November

December

発売月不明
Twitter
カテゴリ
AXL (5)
RSS,何それおいしいの?
相互リンクなど
各ブランドリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる